Jリーグ観察記BACK NUMBER

香川、長友、岡崎に続く逸材は……。
Jに眠る“未知なる怪物”を発掘せよ! 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/03/10 10:30

香川、長友、岡崎に続く逸材は……。Jに眠る“未知なる怪物”を発掘せよ!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

試合終了間際に、名古屋のFW永井謙佑は横浜FMのDF栗原勇蔵に倒されPKを得る。ケネディが決め、試合は1-1の引き分けに

 ここ1年間で日本サッカー界は、次のことを学んだのではないだろうか。

 育成の正解はひとつではない――。

 かつてはアンダー年代の代表に選ばれることが育成のメインストリームだと思われていたが、大学2年生までほぼ無名だった長友佑都がインテルに引き抜かれ、中学生時代までトレセンに一度(しかも兵庫県選抜レベル)しか入ったことがない岡崎慎司がシュツットガルトに旅立った。ドルトムントの香川真司はU-15から代表に選ばれているエリートだが、3年間もJ2でプレーしており、順調にステップアップしたわけではない。

 まわり道をしたり、ときには道がないところを突き進んだりして、いろんなルートを辿って日本代表に入る若手がでてきた。

 今季のJリーグにも、そういう雑草魂を持った“新たな怪物”候補が何人もいる。

鮮烈デビューを飾った永井謙佑は“大学デビュー”の遅咲き。

 早くもプロデビュー戦で結果を残したのが、福岡大学から名古屋グランパスに加入した永井謙佑(22歳)だ。横浜F・マリノスとの開幕戦では後半21分から出場すると、圧倒的なスピードで相手DFのファールを誘いPKをゲットした。まずはスーパーサブとして、王者名古屋の大きな武器になるだろう。

 永井は遅咲きの選手だ。高校時代は代表とは縁がなく、U-18代表に初めて招集されたのが大学1年生のとき。同部屋になったのは、すでにセレッソ大阪でプロデビューしていた香川だった。九州から出てきた大学生にとって、これからA代表にステップアップしようというエリートはあまりにもまぶしかった。永井は大学とU-18代表を行き来するうちに、同年代のプロ選手とのレベルの差を感じ、スランプに陥ってしまった。

 それを救ったのが、福岡大学の乾真寛監督だ。

 乾監督は永井にこう声をかけた。

「まっすぐ伸びていくヤツなんて、どの世界にもいないよ。ここで一度体を作り直そう。オマエより速く走れる選手は、日本代表にもいない。誰に替わりができるんだ? 体作りに取り組めば、絶対に道は開ける」

 永井は特別メニューに取り組んだことで、さらにスピードを生かせるようになり、U-19アジア選手権で得点王に。大学選抜でもエースになり、2010年1月のイエメン遠征で日本代表に初招集された。

 3歳から8歳までブラジルで暮らした経験があり、乾監督いわく「性格はラテンそのもの」。スペースがないときにボールをどう受けるかに課題はあるが、間違いなくスピードは日本一だ。ロンドン五輪を目指すU-23代表のエースとしても期待されている。

【次ページ】 「ポスト遠藤」に名乗りを上げる小林裕紀も大学で成長。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
永井謙佑
小林裕紀
倉田秋

ページトップ