ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

オリックスからDeNA移籍の伊藤光。
“生涯一捕手”のこだわりは続く。

posted2018/08/05 09:00

 
オリックスからDeNA移籍の伊藤光。“生涯一捕手”のこだわりは続く。<Number Web> photograph by Kyodo News

1989年4月23日、愛知県生まれ。'08年に高校生ドラフト3巡目でオリックス入団。'14年にはベストナイン、ゴールデングラブ賞に輝いた。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 必要とされること、求められること――。

 横浜DeNAベイスターズに加入した伊藤光は、野球人としての喜びを享受し、新天地で日々声を出し、汗を流している。

「絶対にやってやる、という気持ちになっています。不慣れな環境、わからない状況だからこそ、初めが肝心。移籍してきて、きっと周りは“どんな選手で、どんな性格なんだろう?”といった目線で見ているなと思ったし、そこは緊張もしたんです。けど、今はすっかり溶け込めています。若い選手が多いなか、年上の人間になるので、しっかりとやっている姿で証明するのが大事かなって」

 プロ11年目の伊藤は、凛とした表情でそう語った。

 誰もが驚かされた伊藤のDeNAへの加入。オリックス・バファローズ時代は、ベストナインやゴールデングラブ賞を獲得し、さらに侍ジャパンにも選出されたこともある、いわば球界を代表するようなキャッチャーである。今季、捕手陣が振るわず固定することのできなかったDeNAからすれば、これ以上ない戦力補強となった。

「間違っても二軍レベルではない」

 DeNAの光山英和バッテリーコーチは、伊藤を次のように評する。

「欠点のない選手ですね。プロ生活も長いので、どんな状況であっても周りを冷静に見ることができる。リードはもちろん、スローイングのコントロールもよく安定した送球ができる。またワンバウンドを止めるのも上手い。バッティングも過去の実績があるので、心配はしていない」

 そして次のように続け、首をひねった。

「間違っても二軍レベルのキャッチャーではない。どうして二軍にいたのか不思議でしょうがない」

【次ページ】 トレードは本当にびっくりしたけど。

1 2 3 4 NEXT
伊藤光
横浜DeNAベイスターズ
オリックス・バファローズ

ページトップ