日々是バスケBACK NUMBER

部活から飛び出した女子がNCAAに!?
池松ほのか、米国バスケ武者修行。

posted2018/04/23 10:30

 
部活から飛び出した女子がNCAAに!?池松ほのか、米国バスケ武者修行。<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

ロバートモリス大でプレーしている池松ほのか。日本人だけでなく、欧州出身選手も多い、多国籍なチームである。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yoko Miyaji

 試合前のウォームアップからロッカールームに戻った池松ほのか(ロバートモリス大)は、ホワイトボードに自分の名前が書かれているのを見て、目を疑った。

「マジ? スターター? ワオ!」

 ホワイトボードに書かれていたのは、その日(2017年11月11日)のシーズン開幕戦のスターティング・ラインナップだったのだ。

 日本から留学してきたばかりの1年生選手が、いきなりスターターに抜擢されたのだ。しかも、初戦の相手は強豪ミシガンステイト大。

「(スターターだとわかってからは)もうやるしかないって思ったんで、ドキドキしたけれど、ワクワクしました」

 池松が突然のスターター抜擢に驚いたように、日本のバスケットボール・ファンにとっては、突然、NCAAディビジョンI(D1)のロスターに登場した池松の存在自体が驚きだった。

 何しろ、その時点では「池松」の名前を検索しても、出てくるのは、3×3の大会でU18熊本代表として出場したときの記録だけ。ほぼ無名に近い選手がいきなりアメリカの、NCAAディビジョンIの舞台に現れたのだ。

「世間の人にしたら『誰だよ、お前』っていう感じだと思います」と池松も言う。

「自分がそんな舞台に立っているという感覚もないし、ただ、大好きなバスケットをしてきたら、ここにたどり着いた、みたいな」

学校の部活ではなく、クラブチームで育った。

 熊本育ちの池松は3人兄弟の末っ子。4歳上の兄がバスケットボールをやっていて、小さいときから兄の試合や練習を見るのが大好きだったという。

 小学校3年のときに、自分もクラブチーム、「熊本レッドベアーズ(現トルネードアカデミー熊本)」に入ってミニバスを始めた。

 白川中学、そして国府高校で部活にも入ったが、高校2年のインターハイ予選が終わったときに部活を辞め、熊本レッドベアーズの活動に専念した。

 クラブチームのほうが楽しく、自分にあっていると感じたのだ。

【次ページ】 クラブチームだから成長できた。

1 2 3 4 5 NEXT
池松ほのか
森田麻文
東京五輪
オリンピック

ページトップ