ライオンズの伝統を受け継ぐ者たちBACK NUMBER

なぜ、源田壮亮は誰からも信頼されるのか。
新人王に学ぶ組織でポジションをつかむ術。

posted2018/04/03 11:30

 
なぜ、源田壮亮は誰からも信頼されるのか。新人王に学ぶ組織でポジションをつかむ術。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 源田壮亮は昨季のパ・リーグ新人王である。プロ野球史上初めて、新人の遊撃手として全試合フルイニング出場を果たした。そして何より彼の経歴で興味を惹かれるのは、愛知学院大でも、社会人の名門トヨタ自動車でも、埼玉西武ライオンズでも1年目からポジションをつかんでいることだ。つまり、どんなボスにも信頼される男――。

「信頼されていたんですかね……。そんなに信頼されていなかったと思うんですが……」

 目の前にいたのは消え入りそうな声で喋る自信なさげな青年だった。おそらく源田と話した人は誰もが最初、彼の経歴と実際の人物像とのギャップに驚くだろう。表向きには見えにくい源田の凄さとは、どこにあるのだろうか。

「やられた」と思った先に源田がいる。

 昨シーズンの序盤、ルーキー源田は監督からこう言われたという。

「俺は若い頃、ほぼ全試合に使ってもらって、それからシーズンの戦い方や過ごし方がわかるようになった。それと同じことをお前にやる。だから、へばるまでお前をずっと使うぞ」

 誰あろう、あの西武黄金時代を支えた守備の名手・辻発彦からそう言われたのだ。堅い守りと俊足、粘っこい打撃というプレースタイルがそっくりの源田にとってはこれ以上の褒め言葉はないだろう。そして、そういう評価を受けた理由は例えば、守りの際のこんなワンシーンに垣間見える。

 ピッチャーが投げる。打球はセンターへ。「やられた」と思った投手が振り返ると、そこに源田がいる。難なくさばいて1アウト。

「できるだけ普通に打ち取っているように見せたいというのはあって、あんまりギリギリに見せたくないんです。その方がピッチャーは最初はいい当たりでヒットかなと思っても、ああ普通のショートゴロだ、打ち取っているんだと思えますから。そのためのポジショニングは考えます。それが逆に出て、ヒットになってしまったら、それは申し訳ないんですが」

 確かに源田はやすやすと飛び込まない。派手に見せることなく、なるべく何事もなかったようにゴロを処理する。投手心理をそこまで深く慮っているからだ。

【次ページ】 「さっきの球、走ってよかったですか?」

1 2 3 NEXT
源田壮亮
埼玉西武ライオンズ

ページトップ