メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

MLBで日本人初の女性トレーナーに。
父は2000本安打、谷沢順子の挑戦。

posted2018/02/21 08:00

 
MLBで日本人初の女性トレーナーに。父は2000本安打、谷沢順子の挑戦。<Number Web> photograph by Ayako Oikawa

メジャーリーガーにとって体は、数億円の年俸を稼ぐためのまさに宝。それを任せられるトレーナーの責任も重い。

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

Ayako Oikawa

「やっと俺を超えたな」

 電話越しに父はこう言った。娘が新たなスタートラインにつくことを、まるで自分のことのように喜んでいた。

「下っ端からだから、学ばないといけないこともたくさんあるし、まだ超えられていないよ」

 父親に褒められてちょっと照れくさい。でもうれしかった。

 スプリングトレーニングを控えた2月1日、アリゾナダイヤモンドバックスは新たなチームスタッフを発表した。

 谷沢順子(マニュアルセラピスト兼アスレチックトレーナー)。

 メジャーリーグで初の日本人女性アスレチックトレーナーが誕生した。これまで日本人男性が採用されたケースはあるが、女性にとっては狭き門だった。それを谷沢がこじ開けた。

「ダイヤモンドバックスから採用の連絡が来た時はうれしすぎて、信じられなかった」と振り返る。

高く評価されたのは、勉強熱心さ。

 メジャーリーグへの就職活動を始めたのが10月。吉報を受けるまでの4カ月間は焦りや不安もあった。

 今回、谷沢の採用を決めたヘッドトレーナーのケン・クレンショウは「(アスレチックトレーナーのポジションに)たくさんの応募が来たけれど、ジュンコは持っている知識を現場で使うことができるし、何よりも勉強熱心な部分を高く評価した。やる気があるから、すぐにチームに溶け込むと思う。ただ、もっといいアスレチックトレーナーになるために、我々スタッフと密にコミュニケーションをとって技術を磨いてほしい」と大きな期待をかける。

【次ページ】 父は元ドラゴンズの谷沢健一氏。

1 2 3 NEXT
アリゾナ・ダイヤモンドバックス
谷沢順子
谷沢健一

ページトップ