スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

レアルを倒した10万人の町クラブ。
ジローナとグアルディオラ弟の野心。

posted2018/01/01 11:30

 
レアルを倒した10万人の町クラブ。ジローナとグアルディオラ弟の野心。<Number Web> photograph by AFLO

乾にこそ2ゴールを叩き込まれたが、レアル相手の勝利などジローナはラ・リーガで存在感を見せている。

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph by

AFLO

 今季のラ・リーガは小さな町クラブの活躍が目覚ましい。

 1部最小、人口約2万7千人の町クラブである乾貴士のSDエイバルは、17節を終えて7位に浮上。1部2年目のCDレガネスも1試合未消化ながら13位と健闘している。

 ホームタウンは人口10万人弱、今季がクラブ史上初の1部挑戦となるジローナFCもその1つで、6勝5分6敗の暫定10位でクリスマス休暇を迎えている。

 日本にジローナの名が初めて知れ渡ったのは、当時17歳の指宿洋史とプロ契約を結んだ2009年1月のことだ。

 当時のジローナは49年ぶりに2部昇格を果たして間もなく、本拠地のエスタディオ・モンティリビはバックスタンドに座席がなかった。雑草が生い茂る丘の上から試合をタダ見するファンを見て「これが2部クラブのスタジアムか」と驚かされたものだ。

 その後チームは2部に定着するも、クラブ創立87年目にして初の1部昇格を果たすまでには紆余曲折があった。

9年間で監督、オーナー、会長交代を繰り返し大混乱。

 2008年夏の2部昇格から現在に至るまでの9年間、ジローナでは実に11度の監督交代と3度のオーナー変更、7度の会長交代を繰り返してきた。

 当然ながらそんな状況でチームの成績が安定するはずはなく、2008-09シーズンは残り3節、2009-10は最終節の94分、2011-12は残り2節でようやく残留が確定。'14年3月に就任したパブロ・マチン現監督も、初年度は最終節でかろうじて残留を決めている。

 現場がマチン体制で固まった後も、悲願の1部昇格は近そうで遠かった。

 2014-15シーズンは最終節ルーゴ戦の92分まで自動昇格圏の2位にいながら、土壇場の失点で3位に転落。サラゴサとの昇格プレーオフ準決勝ではアウェーで0-3と快勝しながら、ホームの第2戦で1-4と大敗するショッキングな形で昇格を逃した。

 翌シーズンもリーグ4位で2年連続となるプレーオフに進出。準決勝でコルドバを破って決勝まで勝ち進んだが、最後はオサスナに敗れている。

【次ページ】 「より成熟し、強固な組織を持つクラブとなった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
リーガ・エスパニョーラ
ジローナ
指宿洋史
乾貴士
バルセロナ

ページトップ