プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

1.4東京ドーム前哨戦の果てに……。
IWGP王者オカダ・カズチカの焦り。

posted2017/12/08 08:00

 
1.4東京ドーム前哨戦の果てに……。IWGP王者オカダ・カズチカの焦り。<Number Web> photograph by Essei Hara

内藤にガッチリ決まった“コブラホールド”。オカダの新技は、なかなかどうして相当なダメージを負わせるようだ。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカにとって内藤哲也との1.4東京ドーム大会に向けた連日の前哨戦は、なにか煮え切らないものがあった。

 タッグマッチや6人タッグマッチ、あるいは10人タッグマッチなどという様々なスタイルでの前哨戦は、タイトル戦の価値観とは離れているように感じられた。

 勝っても負けても、一夜が明ければまたすぐに次がやって来るというわけで、余韻を味わうというよりは、逆に面倒くさいようなストレスが積み上げられる環境でもあった。

 それは「オレはあせっているんだよ」というオカダの言葉に表れていた。

 もちろん、内藤の「あっせんなよ」に対するオカダ流の言葉のやり取りではあるのだが、内藤にいいようにかき回されているという実感が、この言葉を引き出したともとれる。

最近、徐々にオカダのペースになってきた!?

 新日本プロレスは「ワールドタッグリーグ」シリーズを開催中だが、オカダも内藤もそれにはエントリーはされず、ひたすらドームへの前哨戦を続けている。

 前哨戦は言い換えれば、1.4へのキャンペーンだ。

 このシリーズの前半戦は内藤にいいようにあしらわれていたオカダだったが、ここにきて、オカダがひっくり返しに出た印象だ。挑戦者の内藤ペースから、流れは王者オカダの手の内に少し入ってきたように感じる。

 そのターニングポイントは11月30日の後楽園ホールだった。

 この夜の前哨戦は6人タッグマッチだったが、最初に仕掛けたのはオカダだった。いきなり、内藤をジャーマンスープレックスで投げ捨てた。王者としてじっくり構えているオカダというスタイルからは、驚きに近い奇襲であった。

【次ページ】 古くて新しい技、変形のスリーパーホールド。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
オカダ・カズチカ
内藤哲也
坂口征二
天山広吉
新日本プロレス

ページトップ