猛牛のささやきBACK NUMBER

今も右目の横には傷跡が……。
オリ・小林慶祐が目指す復活の道。

posted2017/11/15 10:30

 
今も右目の横には傷跡が……。オリ・小林慶祐が目指す復活の道。<Number Web> photograph by Kyodo News

小林慶祐は社会人を経由してプロ入りした1年目から35登板し、プロでの居場所を見つけた。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 フェニックス・リーグが終盤戦に入った10月24日の千葉ロッテ戦で、オリックスのルーキー小林慶祐がプロで初めての先発マウンドに上がった。

 初回こそ連打と2つの四球で2アウト満塁のピンチを背負ったが、大嶺翔太から空振り三振を奪って切り抜けると、2回以降は、この日最速147kmの角度のあるストレートと、リリーフではあまり使っていなかったカーブで緩急をつけて安打を許さず、4回を無失点に抑えた。

 試合後、小林宏二軍投手コーチは安堵の表情でこう話した。

「最初は考えすぎてコースを狙いすぎていた。でも今日は内容がどうのこうのという問題じゃなく、投げられたというだけでいいんじゃないですか。実戦は、怪我して以来だから」

 小林慶祐にとって、9月30日以来の実戦登板。見ていた誰もが背筋を凍らせたあのアクシデントが起こった日だ。

ライナーが頭部にあたり、倒れこんだ10分間。

 京セラドーム大阪で行われた9月30日の福岡ソフトバンク戦。5回途中からマウンドに上がっていた小林は、6回、ライナー性の鋭い打球が右目付近に当たり倒れ込んだ。うつぶせに倒れたまま両足をばたつかせてもがく姿に、選手生命、いや命そのものにも関わる最悪の事態さえ脳裏をよぎり、球場中が息をのんだ。外野の扉が開いて救急車がグラウンドに到着するまでの約10分間がとてつもなく長く感じられた。

 病院での検査の結果、右まぶた上の打撲による裂傷で8針縫ったが、脳や目に異常はないと診断された。

 その後小林は一軍登録を抹消され、舞洲の二軍施設で調整を行っていたが、10月のフェニックス・リーグに途中合流し、24日に実戦復帰を果たしたのだ。

 体は万全の状態に戻っても、メンタル面への影響も懸念された。それゆえに、まずは「投げられたというだけでいい」という小林コーチの言葉に実感がこもった。

【次ページ】 本人は来季の先発を目指して課題に目を向ける。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
オリックス・バファローズ
小林慶祐

ページトップ