日々是バスケBACK NUMBER

バスケ日本代表に15歳の超新星!
田中力は東京五輪の切り札になる?

posted2017/11/09 11:30

 
バスケ日本代表に15歳の超新星!田中力は東京五輪の切り札になる?<Number Web> photograph by Shin Hamada

U17、18、19、ユニバーシアードの代表を飛び越えて、一気にフル代表に選出された田中。父がアメリカ人の横須賀出身である。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Shin Hamada

 日本バスケットボール協会が11月8日に発表した、2019年FIBAワールドカップアジア地区1次予選の最初の2試合(11月24日対フィリピン、27日対オーストラリア)の代表予備登録メンバー24名に、中学3年、15歳の田中力が登録された。

 田中は10月30日から11月1日まで行われた日本代表第9次強化合宿に招集されたばかり。U16代表チームでも上級生に混じって練習してきた田中だが、A代表では20代を中心に、上は35歳までの大人の選手の中に飛び込んだ。

 8月末のU16代表合宿中に話を聞いたとき、田中は東京オリンピックに出る夢を語ったうえで、A代表に入るには「まだ足りないところだらけ」と認めていた。

 そんな彼を候補とはいえ、A代表の合宿に呼んだのは、日本代表ヘッドコーチのフリオ・ラマスヘッドコーチの強い希望によるものだったという。

 協会内には、ゆっくり育てたほうがいいのではないかとの意見もあったが、少しでも高いレベルを経験し、成長につながるようにとの思いで招集した。日本バスケットボール協会技術委員長の東野智弥は「世界の扉を開くべく、良い経験をして貰いました」と言う。

「常に全力で遠慮なく大胆にプレーできる選手」

 東野は「経験」と言ったが、一方で、田中が現在所属しているBリーグの横浜ビー・コルセアーズ下部組織のヘッドコーチ、白澤卓ヘッドコーチは、合宿に参加する前の田中に、「経験としてではなく、本気で挑んでこい」と送り出したという。

「彼はどこに行って、誰とプレーしていても常に全力で遠慮なく大胆にプレーすることができる稀な選手。高校生とやっても、何ら臆することなく挑み、向かっていきます。それが、彼を成長させる大きな要素で、強みだと思っています。突然の代表選出だったため、心の準備が間に合わず、年齢が倍ほどのプロ選手に遠慮することも想像できましたが、それでは何もプラスを生まないと思い、話をしました」と白澤は、その意図を説明する。

【次ページ】 「良くやれた!」代表合宿でも十分な手応え。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
田中力
フリオ・ラマス
横浜ビー・コルセアーズ
トーステン・ロイブル
東京五輪
オリンピック

ページトップ