猛牛のささやきBACK NUMBER

「過去の栄光引きずってましたね」
オリ吉田凌が乗り越えた“あの頃”。

posted2017/10/12 07:00

 
「過去の栄光引きずってましたね」オリ吉田凌が乗り越えた“あの頃”。<Number Web> photograph by Kyodo News

一軍初登板はほろ苦いものとなったが、二軍では安定した成績を残したのも事実。吉田凌は来季を飛躍の3年目とできるか。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 オリックスは10月9日、今シーズンの公式戦全日程を終えた。今季の成績は63勝79敗1分の4位。最下位に終わった昨年に比べれば順位も勝率も上がったが、3位の楽天には10ゲーム以上の差をつけられ、到底だれも納得のいく成績ではなかった。

「連勝連敗が続いて本当に苦しいシーズンだった。4月はよかったが、5月に入って投打のバランスが崩れていった」

 福良淳一監督は10月7日の本拠地最終戦で今季の総括を行った。

 若手野手の伸び悩みを大きな課題と語った一方で、1、2年目の若い投手陣の活躍は収穫として、先発の山岡泰輔、リリーフの近藤大亮、黒木優太、小林慶祐の名前を挙げた。彼らに加え、8月には高卒ルーキーの山本由伸も一軍に昇格し、8月31日にプロ初勝利を飾った。

 そうした若手投手陣の波に乗り、シーズン最後に一軍のチャンスをつかんだのが、プロ2年目の右腕・吉田凌だった。

小笠原と夏の甲子園を制覇し、プロ入りも。

 吉田は東海大相模高3年の時、左のエース小笠原慎之介(中日)との二枚看板で夏の甲子園制覇を成し遂げた。

 その年のドラフト5位でオリックスに入団。1年目の昨年はウエスタン・リーグで2勝2敗、防御率5.79と苦しんだが、今年は16試合に登板し6勝5敗、防御率2.37。特に前半は、6月途中まで防御率0点台を維持し抜群の安定感を発揮していた。

「真っすぐがよくなったからだと思います。真っすぐでファールや空振りを取れることが増えて、スライダーだけに頼らなくていいのが大きい」と吉田は語っていた。

 今年は小林宏二軍投手コーチ(現・一軍投手コーチ)と二人三脚でシャドーピッチングを繰り返し、フォームを安定させたことでストレートの威力が増したという。

 もともと変化球は得意で、特にスライダーは、例えばファールを打たせたい時は軽い変化、三振を取りたい時はもう一段階大きく曲げるというふうに、目的に応じて変化を巧みに使い分ける。ストレートの威力が増したことで、そうした変化球がより活きるようになった。

【次ページ】 めちゃくちゃ緊張した初登板は厳しい結果に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
オリックス・バファローズ
吉田凌
小笠原慎之介

ページトップ