話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

「悪くない」を捨てる勇気が必要だ。
追い詰められた大宮、残留へ希望は?

posted2017/10/08 07:00

 
「悪くない」を捨てる勇気が必要だ。追い詰められた大宮、残留へ希望は?<Number Web> photograph by N.O.ARDIJA

試合終了後、肩を落とす渡部大輔ら大宮イレブン。勝利を手にしたい気持ちは、誰もが一緒だ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

N.O.ARDIJA

 大宮アルディージャがJ2降格の危険水域に入った。

 0-0のドローに終わった清水エスパルス戦後、NACK5スタジアムのミックスゾーンには重たい空気が漂っていた。ロッカーから出てくる選手の表情からは、生気が失われているように見えた。勝たないといけない試合だったゆえに、ショックが大きかったのだろう。

「戦い方は悪くはないと思うけど……」

 選手は異口同音に話していたが、どれほど多くの選手が現状を冷静に受け止めているか、それが今後を大きく左右するのではないか。

 過去の残留争いを見ていく中で、実際に降格したチームをいくつも見てきた。そこに共通したのは「なんとかなる」という漫然とした意識である。言い換えれば、現状打破に向かう一歩が踏み出せていないのだ。

 その傾向は、悪くない試合内容であったとすると、さらに難しいものになる。

 継続した積み重ねによって好転を目指し、現状維持を選択する。だが、その“いつか”はやってこないまま残り試合が少なくなり、さらなるプレッシャーの中では、今までできていたはずの約束事さえできなくなる。そうなると蟻地獄に落ちたのと同然だ。

「0-0でもダメ。勝ち点3が必要」だったが……。

 今の大宮は、どうだろうか。

 清水戦を迎えるにあたって、大宮はそこまでの5試合で勝ち星がなかった(2分3敗)。残り7試合ということ、まだ安全圏内ではない清水相手だったことを踏まえれば、J1残留のために勝利はマストだった。だからこそ伊藤彰監督も「0-0でもダメ。勝ち点3が必要」と、この試合の重要性を選手に意識させてきた。

 大宮は点を取られて後手を踏むリスクを避けるために、慎重に試合に入った。時間が経つごとに落ち着いて試合を運び出すと、アグレッシブに攻めを繰り出していった。押しこまれる時間もあったがボールを保持して、サイドから崩す、あるいはショートパスをつないで中から崩す攻撃ができていたし、セットプレーのチャンスも数多くあった。

 それでも得点は生まれることなく、勝ち点1しか得られなかった。

【次ページ】 悪くないゆえに方針転換を図れないジレンマ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
大宮アルディージャ
サンフレッチェ広島
ヴァンフォーレ甲府
伊藤彰

ページトップ