酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

イチローの誰も知らない大記録。
24年前の「46試合連続安打」。

posted2017/09/07 11:00

 
イチローの誰も知らない大記録。24年前の「46試合連続安打」。<Number Web> photograph by Kyodo News

「イチロー」の登録名となった'94年に大ブレークを果たした。しかし「鈴木一朗」の頃、二軍でその才覚は発揮されていたのだ。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 イチローがNPBからアメリカに渡ったのは2001年のことだったが、入れ替わりにこの年デビューした巨人の阿部慎之助が、このほど2000本安打を記録した。間もなく、2004年デビューの阪神、鳥谷敬も大台に達する。イチローとともに日本でプレーしたことのない世代が、2000本安打を打つ時代になったのだ。

 マイアミや イチローは遠く なりにけり

 そのイチローと言えば、「記録の宝庫」と言えるが、ここでは超レアな記録を紹介しておきたい。それは2シーズンにまたがって続いた、二軍での「46試合連続安打」だ。

「栴檀は双葉より芳し」というが、これこそ世界の安打製造機イチローの原点ともいうべき空前の記録だ。

 イチローがドラフト4位でオリックス・ブルーウェーブに入団したのは1992年。

 当時の土井正三監督の覚えはめでたかったとは言い難く、春の一軍でのオープン戦には出場がない。なお登録名は、本名の鈴木一朗である。

1年目は二軍スタートで58試合、打率.366。

 二軍でスタートした鈴木のプロデビューはウエスタン・リーグの開幕戦、神戸第二球場での広島戦。1番中堅でスタメン出場したイチローは、初安打を放っている。

 以後もほぼ1番で起用され、58試合で238打数87安打、打率.366を記録した。

 この活躍が首脳陣の目に留まって一軍に呼ばれ、7月11日の平和台球場でのダイエー戦で一軍デビュー。左翼の守備固めで途中出場した。2回打席に立ったが安打は出なかった。

 翌日は9番左翼でスタメンに起用され、5回表に木村恵二から一軍初安打を打っている。

 このときのオリックスの2番二塁は現オリックス監督の福良淳一、相手のダイエーは44歳の門田博光が代打で出場している。昭和の大打者、門田とイチローは一軍の公式戦で対戦していた、これも驚きだ。

【次ページ】 昇格後に出場したファームの試合でヒットを重ねた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
イチロー
仰木彬
オリックス・バファローズ

ページトップ