ニッポン野球音頭BACK NUMBER

ベイスターズ捕手陣の父親的存在。
光山英和コーチの求心力、関西弁。

posted2017/08/14 11:30

 
ベイスターズ捕手陣の父親的存在。光山英和コーチの求心力、関西弁。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

得点が入れば筒香らとともに喜びをともにする。光山コーチ(中央)の果たす役割は、地味ながらとても大きい。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 ベイスターズのチーム全体練習は、18時プレーボールであれば、たいてい14時ごろから始まる。

 だが正午にはすでに、横浜スタジアムで汗を流す幾人かの選手がいる。主にキャッチャーの面々だ。座った状態からの二塁へのスローイングやワンバウンドのボールを前に落とすブロッキングなどは、彼らだけに求められる動き。精度を少しでも向上させるべく、全体練習の2時間も前から、試合開始の6時間も前から個別の練習時間が設けられている。

 戸柱恭孝や嶺井博希、高城俊人ら、ベイスターズ捕手陣をつきっきりで見ているのは、バッテリーコーチの光山英和だ。戸柱が「家族より長い時間を過ごしている」と話すほど、彼らは朝から晩まで行動を共にし、各々の成長のため、チームの勝利のために練習に励み、そして語り合っている。

野茂英雄の球を受けた光山は言葉に「力」がある。

 光山の名鑑データは、185cm、95kg。姿勢よく立ち、腕組みが似合う51歳である。

 現役時代、野茂英雄の球も受けた近鉄バファローズをはじめ、日韓6球団を渡り歩いた。解説業を挟み、ライオンズで3年間、一軍バッテリーコーチを経験。昨シーズンから現職に就く。

 その多彩なキャリアは、言葉に「力」を与えている。言葉とは、文字で書き起こせるものだけを意味しない。口調や表情、要は伝え方全般が巧みなのだ。

 それを思い知らされたのは、2016シーズンの戦いをまとめたドキュメンタリー『FOR REAL―ベイスターズ、クライマックスへの真実。―』に収められたワンシーンを見た時だった。

【次ページ】 「昨日までがとか、明日がどうとか、違うねん!」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
戸柱恭孝
嶺井博希
高城俊人
光山英和

ページトップ