松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹が全米OP直前に掴んだ気配。
未知のコースでの開催は吉か凶か。

posted2017/06/06 07:00

 
松山英樹が全米OP直前に掴んだ気配。未知のコースでの開催は吉か凶か。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

「何かを掴んだ」ことが表情からも見て取れた最終日。全米オープンに向かう松山英樹は、どんな計画を練っているのだろうか。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

 松山英樹の試行錯誤の旅が続いている。その旅は期せずして、やや長旅になりつつある。

 振り返れば、昨秋から今春にかけての快進撃は、文字通り破竹の勢いだった。そして、今年2月のフェニックスオープンを制して大会2連覇を達成。だが、翌々週のジェネシスオープンで予選落ちを喫したころから、彼の勢いは途絶え、試行錯誤の旅が始まった。

 ショットが良ければパットが悪く、パットが良くなればショットが悪く、ともすると、どちらも悪くなる。そんな苦悩が続き「なんとかしなきゃ」と練習を積み、試行錯誤の繰り返し。

 しかし努力はなかなか報われず、今週のメモリアル・トーナメントはトップ10入りがないまま迎えた8試合目となった。

 初日は前半で2つスコアを落としたが、池の方向へ飛んでいったティショットが「木に当たって戻った。ラッキーだった」という11番でバーディーを奪い、「そこからうまく伸ばせた」。

 淀んでいる流れが変わるのなら、そのためのきっかけは小さくてもいいし、なんだっていい。幸運の1打を転機に流れを変え、2アンダー70で回り、13位で好発進。

「満足感というより奇跡的な感じ。やっと“余裕で2アンダー!”というゴルフができた。明日からも今日みたいに粘り強くいきたい」

 久しぶりに見せた笑顔には喜びが溢れた。

珍しく弱音も吐いたが、模索は途切れない。

 だが、2日目からは再び流れが淀んでしまった。

 ショットの行方は、ラフあり、バンカーあり、池ありという乱れ方。グリーン上では、蹴られることあり、リップアウトあり、3パットありで、2日目は2オーバー74、3日目は4オーバー76と崩れ、65位まで後退した。

「今の調子の悪いところが、そのまま出ている」

「これ以上、練習したほうがいいのか、わからない」

「ずっと(不調)なので、しんどい……」

 迷いと苦悩の連続の中、珍しく弱音も吐いた。だが、言葉とは裏腹に、ラウンド後はその足で練習場へ向かい、「悪い」の連続の中で「いい」を追い求める。

 そんな我慢強さは、松山の武器だ。

【次ページ】 ギャラリーを沸かせた圧巻のイーグル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松山英樹

ページトップ