セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

優勝経験なしでも、CL史上最高のGK。
ブッフォン「俺自身、一度は諦めた」

posted2017/06/02 11:30

 
優勝経験なしでも、CL史上最高のGK。ブッフォン「俺自身、一度は諦めた」<Number Web> photograph by AFLO

ブッフォンが悲願のCL制覇を成し遂げてキャリアに幕を引く。そんな夢のような結末が、現実のものとなるのだろうか。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 今シーズンが始まる前、UEFAは公式ツイッター・アカウント上で、ファンによる投票形式のコンテストを行った。

 問いかけは「チャンピオンズリーグ史上最高のGKは誰か?」。

 ノイアーやカーン(ともにバイエルン)、カシージャス(ポルト)にドゥデク(リバプール等)ら名だたる守護神たちを抑えて、1位に輝いたのはユベントスのGKブッフォンだった。

 だが、ブッフォンはCLで優勝したことがない。あの銀色の“ビッグイヤー”を両手で掲げたことがない。

 スクデットもUEFA杯も、ワールドカップすらも制した珠玉のキャリアに、CLだけが欠けている。

2年前「もう叶わない夢か」と一度は観念した。

 来年40歳になるブッフォンは、CLへの渇望を隠さない。4年前のインタビューで熱弁していた。

「おそらく俺は、あと5年はプレーできる。もしCLのタイトルと引き換えにできるのなら、そのうちの3、4年を喜んで差し出したい」

 ブッフォンは、6月3日、カーディフで自身3度目のCLファイナルに挑む。相手は2連覇を狙うスペインの巨人、レアル・マドリーだ。

 2年前、12年ぶりに臨んだ決勝戦では、バルセロナに1-3の完敗を喫した。涙はぐっと堪えたが、「もう叶わない夢か」と一度は観念したことを後に明かした。

 しかし、ブッフォンは決勝戦の舞台に再び戻ってきた。

 彼とユベントスが誇る鉄壁の守備陣は、今大会で690分間の無失点記録を打ち立てながら、ポルトやバルセロナ、ASモナコを破って勝ち上がってきた。

 とりわけ、ホーム&アウェーともに完封したバルセロナとの準々決勝は、“サッカーにおける守備とは何ぞや?”という問いかけに対するひとつの完全解として、後世に語り継ぐべき死闘だった。

【次ページ】 1ゴールに値するセーブができる、数少ないGK。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ジャンルイジ・ブッフォン
ジネディーヌ・ジダン
ユベントス
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ