バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグ史に残る栃木の大逆転劇。
22点差すら楽しめる選手、ファン。

posted2017/05/19 17:00

 
追撃ムードが高まる第4Q、栃木ファンは田臥ら選手を熱くサポート。会場が生み出した大逆転劇だった。

追撃ムードが高まる第4Q、栃木ファンは田臥ら選手を熱くサポート。会場が生み出した大逆転劇だった。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 栃木ブレックスは、バスケットを算数にしてしまう魔法のチームなのかもしれない。

 5月14日に行われたBリーグプレーオフ準々決勝第2戦、千葉ジェッツ戦。第1Qが終わった時点でのスコアは13-33で、20点のビハインド。第2Qにはこの日最大となる22点差にまで開いている。

 2戦先勝の準々決勝、第1戦は栃木が80-73で勝利していた。第2戦の序盤だけを見れば、1勝1敗のタイで、GAME3と呼ばれる前後半5分ずつの延長戦にもつれこむ、と多くの人が考えたはずだ。

 しかし、敗れた千葉の司令塔である富樫勇樹は試合後にこう語っている。

「最初にリードがありすぎたところで、次のGAMES3を意識しすぎた部分は少なからずあったと思う。余裕が出たところを突かれてしまったのかなと思います」

千葉の指揮官が称えた「ギブアップしない」精神。

 栃木は最大22点差をつけられながらも、そこから徐々に点差を詰めていったのだ。

第2Q終了時 28-43
第3Q終了時 49-52
試合終了時 77-70

 Bリーグ史に残るであろう、大逆転劇だった。

 千葉の大野篤史ヘッドコーチは試合後に、こう話した。

「栃木さんが素晴らしいと思うのは、ギブアップしないところです。いくらビハインドが広がっても、最後までチームとして戦うことに徹していた。チームとして何かをなしとげたいという想いが、認めたくはないですけど、栃木さんのほうが上だったと思います」

【次ページ】 あきらめない気持ちを保つための方法論があった。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ