欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

レスターは終盤戦にこそ化ける?
脚本はシェイクスピア新監督が描く。

posted2017/03/19 08:00

 
セビージャ戦後、満面の笑みでマフレズを称えるシェイクスピア監督。万が一、彼がCL制覇を成し遂げれば、それこそ“おとぎ話”である。

セビージャ戦後、満面の笑みでマフレズを称えるシェイクスピア監督。万が一、彼がCL制覇を成し遂げれば、それこそ“おとぎ話”である。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 キツネにつままれたのだろうか。フォクシーズ(レスターの愛称。英語でキツネの複数形)の豹変ぶりが、僕にはうまく理解できない。まだまだフットボールへの見識が浅いと戒められているような気がする一方で、あらためてこのスポーツの奥深さを教えられているようで嬉しくもあるけれど。

 つい3週間ほど前まで、レスターは絶望的な状況に置かれていた。今年に入ってからプレミアリーグで1勝もできていなかったばかりか、1度もネットを揺らすことなく5連敗を喫していた。チャンピオンズリーグが再開される直前の話だ。

 セビージャとのラウンド16を突破する可能性はかぎりなくゼロに近いと思えたし、その後のリーグ戦における行く末さえ案じられた。気がつけば、降格圏まで1ポイント。79年ぶりに、イングランド1部リーグ王者が次のシーズンに2部へ落ちていく可能性は高まっていた。

ラニエリとの別れは、結果的に英断になりつつある。

 迎えたセビージャとの第1戦でも、大方の予想通りに敗れた。ただし、その直後にクラウディオ・ラニエリ監督が解任されることまでは予想できなかった。クラブは少し前に「(ラニエリを)全面的にサポートする」と公表していたし、なにしろ彼は昨季の夢物語の中心にいた人物だ。

 内部の不協和音が漏れ聞こえていたとはいえ、愛嬌たっぷりの人気者にいとまを告げれば、ファンの反発やさらなる迷走も考えられた。

 それでも、タイ人オーナーは昨年のFIFA年間最優秀監督との別れを決断した。今となっては、英断と表現すべきだろう。

 とはいえ、アシスタントから昇格したクレイグ・シェイクスピアは、前任のイタリア人指揮官にも仕えていた指導者だ(元はその前のナイジェル・ピアソン監督の補佐)。哲学も似たようなものだったはずだし、彼自身にはシニアレベルの監督歴がないに等しい。おそらくフロントも劇的な変化を望んだわけではなく、あくまで暫定的に指揮を任せたのだろう。

【次ページ】 幸運はあれど、レスターらしさを取り戻したのも事実。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ