#sotaronbaBACK NUMBER

ケビン・デュラント4週間の離脱!!
プレイオフ前に西地区大波乱か?

posted2017/03/06 17:00

 
KDの豪快なプレーがしばらく見られないのは淋しい。ウォリアーズの黄金時代は、またも遠のくのか……。

KDの豪快なプレーがしばらく見られないのは淋しい。ウォリアーズの黄金時代は、またも遠のくのか……。

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph by

Jesse D. Garrabrant/NBAE via Getty Images

 2月の最終日、アメリカの首都ワシントンDCにあるベライゾンセンターで試合を終えたウォリアーズのロッカールームには重い空気が漂っていた。針が落ちても部屋中に音が響くほど静まり返っていたその原因は、地元ウィザーズに負けてしまったからではない。

 チームの主力、鳴り物入りでオフに加入した元得点王のケビン・デュラントが怪我をしてしまったからだ。

 それは、試合開始わずか93秒で起こった。

 リバウンドの競り合いからウィザーズのゴータットに投げ飛ばされたパチュリアが倒れた先にKDがいた。パチュリアの上半身がちょうどKDの膝関節部に落ち、KDは激痛に見舞われその場で脚を抑えながら飛び跳ね回った。

 完全に不慮の事故である。

 このあとKDは症状を調べるため会場を去った。

あまりに強すぎるゆえ、シーズンをつまらなくしていた!?

 大事な仲間を失った上に試合に競り負けたウォリアーズの面々。プロとしてメディアの取材に答えてはいたが、KD本人の様子や怪我の具合もわからない状態だったため、不安な表情が前面に出ていた。

 最悪の場合、今シーズン絶望もありえる。

 昨季73勝したチームに4度得点王に輝く選手を加え、強すぎるあまりにシーズンをつまらなくした主犯格とまで言われていたウォリアーズ。

 ここまでは順調に勝ち星を積み重ねていた。

 しかしこの時、彼らの表情から余裕は一切消えていた。

【次ページ】 KD加入で、多くの夢を描いていたウォリアーズ。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ