野球のぼせもんBACK NUMBER

中日・吉見が「うちならエース」。
SB石川柊太を激変させた6日間。

posted2017/01/29 11:30

 
中日・吉見が「うちならエース」。SB石川柊太を激変させた6日間。<Number Web> photograph by Kotaro Tajiri

(左から)石川柊太、吉見一起、千賀滉大、岸本淳希。自主トレは球団の枠を超えて技術を磨き合える貴重な期間だ。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kotaro Tajiri

 ホークスの石川柊太は最速153キロを誇る。

 彼の目標はずっと千賀滉大だった。一見すれば、チームメートで同じタイプの本格派右腕だ。

 石川が千賀に心惹かれた理由は他にもある。同じ育成枠出身だ。1つ年下でチームの後輩になるが、その立場から今年3月開幕のWBCの侍ジャパン選手にまで成り上がった投手に憧れて、いつかは同じ道を進みたいと考えるのはじつに自然な流れである。

 しかしこの1月、自分の「常識」が間違っていたことを知った。

 目指すべきはドラゴンズのエース・吉見一起だと教えられたのだ。

「最初、正直な感想は『え?』でした」

 そうだろう。吉見といえば球界随一のコントロールの持ち主だが、球速で勝負をするタイプではない。石川のイメージとは真逆の投手だ。

 しかし、たった数分後には、その疑念はすっかり晴れた。わずかなヒントで明らかに体の使い方が変わった。すると、それまで高めにしか行かなかったキャッチボールが低めにバンバン決まる。しかも威力は変わらず、グンと伸びる球筋だ。

 一体どういうことなのか。

「自分で考えながら取り組む」自主トレに初参加。

 1月16日から21日まで、石川は「コウノエスポーツアカデミー」代表の鴻江寿治氏が主宰するトレーニング合宿に初めて参加した。きっかけを作ってくれたのは千賀だった。千賀はプロ1年目から毎オフ、この地を訪れている。鴻江トレーナーの独自の理論に基づいた指導を仰ぎながら、フォームづくりをして基盤を固めていくのが恒例となっている。

 石川を誘った理由を、千賀はこう説明した。

「この自主トレ合宿はただ練習をするのではなく、自分でしっかり考えながらやる場所。とても頭を使うし、普段からフォームのことを真剣に考えている人じゃないと無理。石川さんならば、大丈夫だと思った」

【次ページ】 昨季念願の支配下登録を勝ち取っただが……。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
石川柊太
千賀滉大
吉見一起
中島宏之
伊藤光
松葉貴大
福岡ソフトバンクホークス

ページトップ