ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

世界王者たちにも世代交代の波が。
「U-15」勢の台頭に内山高志は――。

posted2017/01/05 11:50

 
世界王者たちにも世代交代の波が。「U-15」勢の台頭に内山高志は――。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

24の白星を積み上げた後に、2つ黒星が続いた37歳の内山高志。引退か、現役続行か、決断が待たれる。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Hiroaki Yamaguchi

 2016年の年の瀬に日本各地でボクシングのビッグマッチが開催された。世界タイトルマッチは東京、岐阜、京都で計7試合。悲喜こもごもの試合を振り返ると─―。

「リベンジ」をテーマにリングに戻ってきた前WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)は現スーパー王者ジェスレル・コラレス(パナマ)に1-2の判定で敗れ、王座返り咲きに失敗した。

 スコアは割れ、ジャッジ2人は117-110、115-112でコラレスの勝利を支持。ジャッジ1人は114-113で内山の勝利としたが、内山がダウンを奪って10-8で取った第5ラウンドは、映像で確認するとパンチが当たっているようには見えず、ここを差し引くとさらに内山の勝利は遠のく。個人的にも内山がコラレスのスピードと老獪さにしてやられたという印象だった。

 前回4月の試合はまさかの2回KO負け。そして今回がフルラウンド戦っての判定負け。試合後、報道陣が山のように詰めかけた控室で、内山は思いのほかサバサバとした口調でこう言った。

「不完全燃焼じゃないけど、もっと出し切れたかなとは思いますね。でも、前回よりもさっぱりといえばさっぱりしてますね。ポイントで負けたので」

 内山は前回敗れた反省を生かし、対策をしっかり練って試合に臨んだ。ディフェンスへの意識は、キャリアの中で最も高かった。「何もしないうちに負けた」第1戦では「油断」というエクスキューズが説得力を持ったが、今回それはない。37歳の内山にとっては厳しい現実が突き付けられた形だ。

河野のファイトは心を打ったが、井上は強かった。

 23歳の若き日本のエース、WBO世界スーパーフライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)は36歳の元世界王者、河野公平(ワタナベ)に6回TKO勝ちした。

 その強さゆえに対戦相手選びに苦労している井上の前に、自ら手を上げて立ち向かった河野。「勝てっこない」と目された一戦で勇敢に井上に挑み、右ストレートを何度も打ち込もうとした“雑草”のファイトは見る者の心を打った。その一方で、若き王者がまったく河野を寄せ付けず、勝利を手にした試合でもあった。

【次ページ】 21歳の田中が井上に並ぶ8戦目での世界2階級制覇。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
内山高志
井上尚弥
河野公平
田中恒成
小國以載
下田昭文
林翔太
八重樫東
井岡一翔
田口良一

ページトップ