オリンピックへの道BACK NUMBER

「僕はまだ簡単なことをやっている」
羽生結弦がNHK杯で見せた“伸びしろ”。

posted2016/11/28 11:55

 
「彼はとても賢い選手。もうオリンピック・イヤーに目を向けています」と語っていたオーサーコーチ。

「彼はとても賢い選手。もうオリンピック・イヤーに目を向けています」と語っていたオーサーコーチ。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 笑顔があった。2日間ともに、演技を終えて引き上げてきたあと、穏やかな表情を浮かべていた。

 その表情のとおり、羽生結弦は、スケートカナダから確かな前進を示し、NHK杯で優勝を果たした。

 11月25日、ショートプログラムは『レッツゴー・クレイジー』。

 白から淡い紫の衣装に一新した羽生は、冒頭の4回転ループこそ、挙動が乱れはしたが着氷。4回転サルコウ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させると、トリプルアクセルではGOEで満点を得る。

 103.89――今シーズンの世界最高得点をマークした。スケートカナダより安定を増したジャンプもさることながら、全体の流れに“冴え”があった。

「ロックスターになった気分で滑った」と言う羽生は、演技を振り返ってこう語った。

「スケートカナダから比べて、成長できた部分が多々あり、自信を持って臨むことができました。日本ということもあり、非常にこのプログラムを楽しむことができたと思います」

一気に観客を興奮の渦に巻き込んでいった羽生。

 翌日のフリーは、『ホープ&レガシー』。

 ショートではバランスを崩した4回転ループで、回転軸が斜めになりながら成功させると、歓声と拍手が沸く。続く4回転サルコウをきれいに決める。

 後半、4回転サルコウの転倒はあったものの、観客を引き込んだ演技に、場内の熱気は高まった。

 得点は197.58、総合得点は301.47と300点を超えた。

「皆さんの前で滑れる喜びをかみしめながら滑りました」

 ショートとはまた異なる心持ちで臨んだ羽生は言う。

「今回は(スケートカナダとは)まったく違う感覚で滑ることができた。日本だからこそかもしれないですが、お客さんの方を向いてアピールすることができました」

 変化の要因の1つに、コーチのブライアン・オーサーとの話し合いがあった。

【次ページ】 オーサー「トータルパッケージを大切に」。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ