詳説日本野球研究BACK NUMBER

ドラフトは六大・東都より地方大学?
上位24人中10人指名から見えるもの。

posted2016/10/30 11:00

 
ドラフトは六大・東都より地方大学?上位24人中10人指名から見えるもの。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

5球団競合でソフトバンクが指名権を得た田中。高校時代は本人もこれほどまでの注目株になるとは思っていなかったはずだ。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 大学野球は本格的に「地方の時代」を迎えたようだ。

 今年のドラフト1位では12人中、吉川尚輝(中京学院大・遊撃手)、濱口遥大(神奈川大・投手)、大山悠輔(白鴎大・三塁手)、田中正義(創価大・投手)、佐々木千隼(桜美林大・投手)の5人が、これまで大学野球を牽引してきた東京六大学・東都大学両リーグ以外の選手だった。

 2位にも畠世周(近畿大・投手)、水野滉也(東海大北海道キャンパス・投手)、小野泰己(富士大・投手)、中塚駿太(白鴎大・投手)、池田隆英(創価大・投手)の5人が地方の大学勢。オリックス2位の黒木優太も東都大学リーグと言っても2部リーグの立正大在籍なので、地方の大学勢に入れたいくらいだ。

 東京六大学・東都大学リーグ勢の1位指名は加藤拓也(慶応大・投手)、柳裕也(明治大・投手)の2人。2位は星知弥(明治大・投手)、京田陽太(日本大・遊撃手)、石井一成(早稲田大・遊撃手)、黒木優太(立正大・投手)の4人。上位24人のうち、大学生の内訳は地方の大学勢10人対六大&東都6人となった。

上位指名の地方大学勢は高校時代、いずれも無名。

 この16人の顔ぶれを見ると、あることがわかる。地方の大学勢10人のうち、高校時代にその存在が広く知られた選手は1人もいないということだ。

 1位の吉川(中京高)、濱口(三養基高)、大山(つくば秀英高)、田中(創価高)、佐々木(日野高)、2位の畠(近大広島福山高)、水野(札幌日大高)、小野(折尾愛真高)、中塚(つくば秀英高)、池田(創価高)は、いずれも高校時代をほぼ無名で過ごし、甲子園大会の出場経験はもちろんない。

 六大&東都勢は6人のうち柳(横浜高)、星(宇都宮工)、石井(作新学院)は名前の知られた存在で、柳、石井は甲子園大会にも出場している。星は甲子園大会こそ出場していないが、関東大会に出場したときはストレートの速さが話題になっている。

【次ページ】 高校で藤浪と春夏連覇した立大・澤田は8位指名。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
吉川尚輝
濱口遥大
大山悠輔
田中正義
佐々木千隼
ドラフト会議
東京六大学野球
東都大学リーグ
ドラフト会議
東京六大学野球
東都大学リーグ

ページトップ