イチ流に触れてBACK NUMBER

「相手の心が見えることが多かった」
イチローが今季感じた、密かな幸福。

posted2016/10/28 07:00

 
「相手の心が見えることが多かった」イチローが今季感じた、密かな幸福。<Number Web> photograph by AFLO

バッターボックスで自分の技術だけでなく、相手投手の心理まで見える。2016年のイチローは、達人の境地へとたどり着いたのだろうか。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

AFLO

 シーズン最終戦。代打で出場したイチローは今季を象徴する「1本締め」でメジャー16年目のシーズンを締めくくった。

 ナショナルズの右腕マックス・シャーザーから放った痛烈な一打は、サイ・ヤング賞投手が投じた95マイル(約153キロ)の直球を右前に弾き返した。

 150キロ超の速球に力負けしない打撃こそ、自身が今季目指してきた一大テーマだった。

 結果、昨季より打席数は73減でありながら安打は4本増、打率.291は10年連続200安打が途切れた'11年以降では最高の数字となった。一定の満足感を示しつつ、イチローは今季を振り返りこんな言葉を残した。

「(戦いの中で)相手が(僕を)嫌がっているのが、見える瞬間が多かったというのは言えるかもしれないですね。野球、特にバッターとピッチャーの関係というのは面白いもので、自分が少し弱っているときは、向こうに見透かされてしまう。逆にこっちが自信に満ち溢れていることも伝わっていく。相手の心の内というか、そういうものが見えることがたくさんあったので、それは気持ち良かったですね」

宿敵ラッキーが見せてきた、なりふり構わぬ姿勢。

 昨季は自身が「目を疑う」自己最低の打率.229に終わっていた。

 相手投手は容赦なく力勝負を挑み、マウンドから投げ込む姿によどみはなかった。

 だが、42歳の今季はパワー系投手に対し打率.318を残し、キャリア通算の.298を大きく上回った。直球に力負けしない打撃が蘇れば、オフスピードの変化球への対応はお手の物。

 年齢の概念を覆すイチローの打撃に相手投手が手を焼く姿を目にすることは痛快と言えた。

【次ページ】 用意出来てない間に投げてくる悪あがきに……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
イチロー
マイアミ・マーリンズ

ページトップ