ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

生命線のジャブを潰されてもV3!
井岡一翔、次の狙いはスーパー王者。

posted2016/07/21 11:30

 
生命線のジャブを潰されてもV3!井岡一翔、次の狙いはスーパー王者。<Number Web> photograph by Kyodo News

一発ではなく、ダメージを積み重ねてのKO。井岡らしい勝利を見せ、統一戦へ向けて視界良好だ。

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 WBA世界フライ級チャンピオンの井岡一翔(井岡)が7月20日、エディオンアリーナ大阪でランキング6位の挑戦者、キービン・ララ(ニカラグア)を11回1分11秒TKOで下し、3度目の防衛を成功させた。序盤苦しみながらも、じわじわと挑戦者を削り、終盤にTKOを呼び込んでの勝利。まずはチャンピオンが11ラウンドにわたって描いたストーリーを振り返ろう。

 序盤戦の井岡を見て「いまひとつ」と感じたファンは多かったのではないだろうか。生命線のジャブで試合を組み立てられず、距離をつぶされ、頭をつけて打ち合う時間帯が長く続いた。ララが非力だったことに助けられたが、パンチを被弾するシーンもしばしばあった。実際のところ、4回までの採点はジャッジ3人のうち2人が挑戦者の優勢としていたのだ。

「効いてはいないけど、やりながら自分でイラついていた。パンチが伸びてくるし、教科書通りではないというか、意外なところからパンチが飛んでくる。コンビネーションも『まだ続くのか』という感じでやりにくかった」

「打たせないで打つ」の理想とは違っても。

 思い描いていたアウトボクシングを機能させることができず、格下と見られていた挑戦者に苦戦を強いられて苛立つ。自滅の二文字が忍び寄る状況において、井岡は冷静に自らの置かれた立場を認識し、ベストではなくともベターな一手を選択した。

「少々どつきあいになっても仕方ない。(普段口にしている)打たせないで打つボクシングと言っても、覚悟を決めないといけない場面がある」

 覚悟を決めた井岡は中盤から左ボディブローを軸に、コツコツとていねいに挑戦者にダメージを与えていった。世界初挑戦の21歳、ララの抵抗は続いたが、焦ることなく、ラウンドを重ねるごとに本来のジャブで距離をキープするスタイルでボクシングを確立させていった。そして10回、ボディ攻撃からララに右を浴びせてダウンを奪うと、11回にフラフラとなったニカラグア人を追撃、最後はキャンバスに大の字になったララに10カウントを聞かせて試合を終わらせた。

【次ページ】 世界戦12勝は既に日本歴代2位。あとはビッグマッチ?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
井岡一翔
ローマン・ゴンサレス
キービン・ララ

ページトップ