ニッポン野球音頭BACK NUMBER

神主にならなかったDeNA新人投手。
熊原健人のアンバランスな魅力。

posted2016/06/13 17:00

 
神主にならなかったDeNA新人投手。熊原健人のアンバランスな魅力。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

熊原健人の背番号は1。かつては金城龍彦がつけていた番号だが、投手としては大洋時代の岩本信一以来66年ぶり。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 今、この男のマウンドを見るのが楽しみだ。

 横浜DeNAベイスターズの背番号1、熊原健人。ドラフト2位で入団した新人右腕は、すでに13試合、一軍で登板経験を積んでいる(6月13日現在)。

 その投球に思わず視線が引き寄せられるのは、どこかアンバランスな空気を感じてしまうからなのかもしれない。安定感のあるピッチングを披露するドラフト1位の今永昇太がテーブルの中央に置かれたグラスならば、熊原は存在自体がテーブルの端に危なっかしく置かれたグラスのように、無意識のうちに目が向いてしまう。

 決して内容が危なっかしいのではない。12回と3分の2イニングを投げて、自責点1の防御率0.71。安定した、と評して間違いではない成績を残している。

外見と投球のギャップ、そして危険な香り漂う取材対応。

 アンバランスの理由はまず、外見的なもの。顔立ちはイケメンなのに、フォームはやたらとダイナミックだ。実家が神社で、一時は神主を継ぐ可能性もあったことから、スポーツ新聞からは“神主投法”と面白がられた。

 帽子はいつもやや斜めになっていて、やんちゃな少年のようにも見える。なのに、投げるボールは150km超のいかつい真っ直ぐ。これもまた、印象のギャップにつながる。

 だがいちばん危険な香りが漂うのは、彼が取材に応じている時だ。

 5月3日のヤクルト戦で一軍初登板を果たした熊原は試合後、少したどたどしい口調でマウンドを振り返った。

「自分の予想以上に、リリーフカーでマウンドに向かう時ですね、こんなに人が多いのかと。山田(哲人)さんの時はほんとに、投げてて、勝負を楽しんでました。今までテレビで見ていた人が目の前で、同じバッティングフォームで、同じユニフォームを着て」

 そこまで言ったところで、記者の一人が「そらそうだろ」と笑ってツッコミを入れるのも無理はなかった。

【次ページ】 ひたむきな姿勢で、憎まれる要素が見当たらない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
熊原健人
横浜DeNAベイスターズ

ページトップ