猛牛のささやきBACK NUMBER

難病から復帰したオリ・安達了一。
いなくなってわかったその重要性。

posted2016/04/19 10:40

 
難病から復帰したオリ・安達了一。いなくなってわかったその重要性。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

決して派手な選手ではないが、オリックスは安達了一の存在の重要性に改めて気づいたことだろう。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 4月12日、オリックスの安達了一がひと足遅い開幕を迎えた。

 3回裏に今季初打席を迎えると、スタンドから拍手が沸き起こり、「待ってたぞー!」という声も飛んだ。

「だいぶ力になりました。泣きそうになりました」

 試合後、安達は感謝の思いを口にした。

 安達が腹痛などの体の異変を感じ始めたのは、昨秋のキャンプ前だった。そして今年1月に潰瘍性大腸炎と診断され、入院を余儀なくされた。潰瘍性大腸炎は、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病だ。腹痛や下痢などの症状があり、症状を抑えるためには継続的な内科的治療が必要とされる。安倍晋三首相はかつてこの病が原因で首相を辞任した。

 安達の入院は20日間に及んだ。その間、食事はおかゆだけ。体重は約10kg減り、68kgまで落ちた。

いなくなって改めてわかる存在の大きさ。

 不動の遊撃手だった安達不在の宮崎キャンプでは、西武時代にショートを守っていた中島宏之に加え、ルーキーの大城滉二、鈴木昂平を一軍で競わせ、外野手だった吉田雄人もショートにコンバートした。

 しかし、いなくなって改めてわかる存在の大きさ。一昨年は143試合、昨年もチーム最多の139試合に出場した内野の要の不在は響いた。開幕2戦目の3月26日の西武戦で内野手全員が失策を犯すなど、守備の不安が開幕のつまずきの一因となった。

 その間、安達は着々と復帰に向け歩を進めていた。2月10日に退院し、同15日から練習を再開。その後、二軍の練習に合流した。すぐに実戦というわけにはいかないが、若い選手たちと一緒にボールを追う表情は明るかった。徐々に体重も増え77kgまで戻った。

 4月2日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦で実戦復帰を果たすと、8、9日の広島戦にフル出場。待ってましたとばかりに福良淳一監督は安達を一軍に呼び、12日に一軍登録された。

【次ページ】 試合前の心配げな表情から、試合中は一転……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
オリックス・バファローズ
安達了一

ページトップ