ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

昨年石川遼が戦った「小数点の戦い」。
米のシード権は“中位”が大事。

posted2016/03/26 10:40

 
昨年石川遼が戦った「小数点の戦い」。米のシード権は“中位”が大事。<Number Web> photograph by AFLO

優勝が消えた終盤は、つい集中が途切れるもの。しかし石川遼は、終盤の1打の重みを誰よりも感じたことだろう。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

AFLO

「うーん……関係ないんじゃないですか」

 そう、ぶっきらぼうに言ったのは岩田寛だった。

 3月中旬に行われたフロリダでの米ツアー、バルスパー選手権。直近2試合で予選落ちを喫していた岩田はおよそ1カ月ぶりに決勝ラウンドに進み、72ホールを戦い抜いた。

 ショットの制御が利かず不満顔の4日間だったが、最終日には難度の高い17番、18番と連続バーディを決めてホールアウト。通算2オーバーの33位タイで終えた。

 冒頭の岩田の言葉は、「最後の2連続バーディはシーズンのポイントを考えた上でも大きいのでは?」という問いへの返答だった。

 独特の照れ隠しかもしれない。いや、やっぱり上位争いに加われなかった結果、本調子に至らないプレー内容への苛立ちから来るものだろう。

 けれど、今回はこの場を借りて言わせていただきたいと思う。

 関係なくない!

 たとえ優勝カップが霞むほど遠くにあろうが、最後に奪った連続バーディはきっと、多くの人が“想像する以上の実益”が数字としてあるはずなのだ。

シード権は、年間のポイント合計で決まる。

 世界のゴルファーがしのぎを削る米ツアー。ひと握りのスターを除けば、本格参戦1年目の岩田のような多くの選手は、まずシード権の確保が最初の目標になる。

 米ツアーではシード権(本来は翌シーズンの優先出場権というのが正しいが、今回は便宜上こう表現する)獲得の指標として、フェデックスカップポイント・ランキングをメインに採用している。どんな試合でも優勝すれば2年以上のシードを即獲得できるが、そうでない場合は各ツアーの賞金ランクと同様、1シーズンで稼いだポイントによって順位付けをする。

 レギュラーシーズン最終戦を終えた段階で上位125位までがポストシーズンのプレーオフに出場し、翌年のシードを獲得。126位以下(200位まで)は下部ツアー出身選手との入れ替え戦に向かう、というキャリアの分かれ道だ。

【次ページ】 賞金よりも、ポイントの方が中位に手厚い!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
岩田寛
石川遼

ページトップ