プロレスのじかんBACK NUMBER

崩れ落ちた飯伏幸太が怪しい復活。
「プロレス研究所」ってなんだ?

posted2016/02/26 18:00

 
崩れ落ちた飯伏幸太が怪しい復活。「プロレス研究所」ってなんだ?<Number Web> photograph by Essei Hara

昨年のG1。棚橋をロープ越しにジャーマンで放り投げた飯伏。試合後、棚橋をして「飯伏がいればプロレス界は安泰なんじゃないですか」と言わしめた。

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 いま思えば、最初から無理だったようだ。

 だけど、前人未到のことだったから、やってみないとわからなかった。

 飯伏幸太の、DDTと新日本プロレスの2団体同時所属のことである。

 2月22日、DDTの事務所で会見が行われ、飯伏幸太がその両団体を退団することを発表した。

 どちらか一方を、ではなく、一気に両団体を離れることに決めた。

 飯伏は、昨年9月にDDTの2大会を体調不良で欠場し、10月25日の後楽園ホール大会でも緊急欠場をしていた。以前から左半身の不調を感じていたので精密検査をしたところ、頸椎椎間板ヘルニアと診断される。日常生活を送ることに支障はないが、プロレスの試合は当面無理との医師の判断により、そのまま無期限の長期欠場に突入となった。つまり、公の場に姿を現したのは4カ月ぶりであり、この欠場中に退団という決断を下したことになる。

 もともとDDTの所属選手だった飯伏は、新日本から要請される形で、2013年10月より2団体所属となった。

「2団体所属なんておもしろすぎるな」

 飯伏本人もこのプランに興奮し、いつか2団体でトップに立つことを夢見た。

 両団体からプロレスのいい部分を抽出し、DDTではDDTの流儀にのっとり、新日本は新日本のスタイルにのっとったうえでトップに立つ。

 結果的に、その夢は2年半で潰えたことになる。

いつの間にか満身創痍になっていた飯伏。

 この欠場中、しばらくリングから遠ざかってみてわかったことは、身体のいたるところに痛みがあること。

 たとえば手首や手の指、足首や足の指だったり。プロレスで連戦をしているときは、その痛みに対して自分の中で気づいていないふりをしていた。いちいち気にかけていると、試合なんてできなくなるから。さらに腰にも違和感があったので、検査を受けてみたら腰椎すべり症が発覚した。このすべり症は悪性の病気ではないので、安静にしていることで快方に向かっている。ほかの箇所も、このオーバーホール中にほぼ良くなった。トレーニングも再開している。つまり、プロレスはすでにできる状態にある。

 しかし――。

【次ページ】 心身ともに壊れる予感と“失踪”の誘惑。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
飯伏幸太
棚橋弘至
中邑真輔
佐々木大輔
HARASHIMA
新日本プロレス
DDT

ページトップ