Sports Graphic NumberBACK NUMBER

エディー・ジョーンズの新たな挑戦。
~シックス・ネーションズ2016観戦ガイド~

posted2016/01/21 11:00

 
エディー・ジョーンズの新たな挑戦。~シックス・ネーションズ2016観戦ガイド~<Number Web> photograph by Getty Images

1882年以来の歴史があるシックス・ネーションズ。エディー・ジョーンズはラグビーの母国イングランド代表の新監督として臨む。

text by

小林深緑郎

小林深緑郎Shinrokuro Kobayashi

PROFILE

photograph by

Getty Images

ラグビーの母国イングランドを率いて、ジョーンズ監督は3連覇を狙うアイルランドを阻止できるか。北半球最強国を決める伝統の大会がいよいよ開幕する。

 桜の戦士の勇躍に沸いたワールドカップもはや思い出となり、新しいシーズンの幕開きとなるのは、2月6日に初戦を迎える伝統のラグビー選手権「シックス・ネーションズ」だ。

 北半球の王者を決めるこの大会は、イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズの4カ国による相互対戦が実現した1883年に始まっている。1910年にはフランスが加わり、さらに2000年にイタリアを加えて、現在のシックス・ネーションズへと発展を遂げてきた。

エディー・ジョーンズにとっての、高いハードル。

 昨年のW杯で不振に終わった北半球の6カ国にとって、この大会は'19年W杯日本大会に向けたリスタートとなる。とりわけ注目が集まるのは、W杯のホスト国として史上初のグループリーグ敗退を喫したイングランドだ。新監督はエディー・ジョーンズ。日本代表の記憶は彼の地でも鮮烈で、ラグビーの母国が初めて迎えた外国人監督への期待値は高い。だがジョーンズ監督にとって、今大会は意外に高いハードルになる可能性がある。それは、前任のランカスター監督時代のイングランドが、4年連続2位の成績を残しているからだ。前任者以上の成績といえば「優勝」しかない。

 ジョーンズ監督は代表スタッフを入れ替え、要職をサラセンズ在籍時代からの知り合いで固めた。FWコーチは日本代表のときと同じスティーブ・ボーズウィックを起用。ディフェンスコーチに就任したポール・ガスタードは、かつてジョーンズがコーチへの転身を後押しした人物だ。この万全の体制で、新監督は「セットプレイで勝ち、ディフェンスを固める。アタックはシンプル第一で、ゲームのテンポを早めることが肝心」と初戦の勝利に集中している。

 そのイングランドのライバルとなるチームは、シックス・ネーションズ2連覇中のアイルランドだ。北半球では敵なしとはいえ、W杯の準々決勝ではアルゼンチンに完敗。その試合で露呈したタッチ際の守備の欠点を修正するために、イングランドのディフェンスコーチだったアンディー・ファレルを採用した。FLショーン・オブライエン、SOジョナサン・セクストンら中心メンバーは健在で、3連覇となれば'66年のウェールズ以来50年ぶりの快挙となる。

【次ページ】 フランス、スコットランドもライバルに。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
エディー・ジョーンズ
シックス・ネーションズ2016
シックス・ネーションズ

ページトップ