オリンピックへの道BACK NUMBER

基礎点はもう上限、伸ばせる要素は?
羽生結弦は一体どこまで行く……。

posted2015/12/14 16:00

 
「厳しい練習に耐えてくれた(自分の)身体に感謝。そして応援して下さっている方々皆さんに感謝したいです」とコメントした羽生。

「厳しい練習に耐えてくれた(自分の)身体に感謝。そして応援して下さっている方々皆さんに感謝したいです」とコメントした羽生。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 11月末、世界中のフィギュアスケート関係者やファンすべてに衝撃を与えたであろうNHK杯での300点超えから、約2週間。

 再び、衝撃は訪れた。

 それはNHK杯以上と言ってよいかもしれない。

 スペイン・バルセロナで行なわれたグランプリファイナルで、羽生結弦はショートプログラムでNHK杯の106.33から110.95、フリーではNHK杯の216.07から219.48とそれぞれ伸ばし、合計得点でも322.40から330.43と上げて3連覇を飾った。

 NHK杯では、ショート、フリーでの得点、さらに合計得点で示された数字に驚嘆させられた。

 そこからさらに伸ばした今回、ふと、考えさせられた。

 いったい、どこまで得点をあげられるのか、と。

 ショートプログラム、フリーのプロトコルを見て、検討してみる。

ショート、フリーともに内容を検証。

 まずはショート。

 技術点の中で、唯一、基礎点を上げられる可能性があるとすれば、ステップだ。今回、レベル3であったが、レベル4になれば、基礎点は0.60上がる。

 GOEで最大限の加点を得たのは4回転サルコウと4回転トウループ-トリプルトウループ。ステップがレベル4であったときも含め、その他の要素は、さらに加点される余地がある。

 ファイブコンポーネンツは49.14。満点は50点だから、その差は0.86だ。

 あらゆる部分での上限の合計は113.65。ショートでの羽生の得点は110.95だったから、2.70が伸ばせる余地ということになる。

 フリーはどうか。

 ジャンプすべてでミスがなかったのはもちろん、スピンではレベル4を獲得している。ステップはレベル3だったので、ここも余地があるかもしれない。

【次ページ】 羽生がさらに点数を伸ばす余地は……。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ