野球善哉BACK NUMBER

秋季キャンプは何のためにあるか。
秋山、筒香の躍進で考えるその意義。

posted2015/11/15 10:30

 
秋季キャンプは何のためにあるか。秋山、筒香の躍進で考えるその意義。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

イチローの記録を超えるシーズン216本のヒットは、稀少さでいえばトリプルスリーを上回る偉業だ。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 嘆き節は選手側からしばしば聞かされた。

「秋季練習やキャンプって、何のためにやるんでしょうか?」

 確かに、キャンプの意義を考えると、イマイチ、説得力のある言葉は返せなかった。本当にこの時期のキャンプに意味はあるのだろうか。

 あるいは、首脳陣は秋季キャンプの意義をどう感じているのだろうか。

 メジャーリーガーの多くがそうしているように、この時期を身体のメンテナンスや、次シーズンへ向けたトレーニングに掛ける時間にする方がよいのではないかと考えたりもする。

 そんなことを想いながら今シーズン大躍進したある選手の経歴を紐解いていくと、ハっとさせられることがあった。

 その選手とは、プロ野球のシーズン最多安打を達成した西武・秋山翔吾選手である。

手術が飛躍の機会となった秋山翔吾。

 昨季、不本意な成績に終わった秋山だったが、実は昨年のこの時期のキャンプに参加していない。右ひじのクリーニング手術を受けたために、参加することができなかったのである。

 昨シーズンの秋山にとって、右ひじの痛みは死活問題だった。

 右投げ左打ちである秋山は、右腕を利き手にしている。右手でバットコントロールをする必要があったが、右ひじに痛みがあるため、彼の持ち味であったバットコントロールを支えきれなかったのだ。

 捉えたと思った打球が凡打になり、ファールにしようと思ったボールが空を斬る。

 右ひじの痛みで不本意なシーズンに終わったことで、秋山は手術に踏み切ったのだった。そして、そこからの取り組みが2段も3段も彼を上へと押し上げた。

 興味深い話ではないか。

【次ページ】 広角打法を手に入れるための「視点」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
秋山翔吾
筒香嘉智

ページトップ