パラリンピックPRESSBACK NUMBER

チーム全員に徹底された“ベーシック”。
車いすバスケ男子日本代表、リオへ。

posted2015/10/29 11:00

 
チーム全員に徹底された“ベーシック”。車いすバスケ男子日本代表、リオへ。<Number Web> photograph by AFLO

日本代表キャプテンの藤本怜央(右から2番目)は韓国戦で28得点の活躍。2014年からはドイツのハンブルガーSVでもプレーしている。

text by

宮崎恵理

宮崎恵理Eri Miyazaki

PROFILE

photograph by

AFLO

 10月10日に開幕した車いすバスケットボールのアジアオセアニアチャンピオンシップで、男子日本代表が3位決定戦で韓国を降し、リオデジャネイロ・パラリンピックの出場権を獲得した。

 キャプテンの藤本怜央は、試合後にこう言った。

「どういう状況の中でも、僕らの約束ごとである“ベーシック”を全員で発揮した。その一体感が、今回の勝利、出場権獲得につながった」

 もう一人の日本のエース、香西宏昭も語る。

「いつも通り、僕らが積み上げて来た“ベーシック”で勝ち取れた」

 藤本は、海外勢に劣らないフィジカルでタンクのごとく疾走するセンター。3決の韓国戦でも28得点を挙げて日本を勝利に導いた。一方、香西はそのスピード、ボールハンドリングを武器に、コートを縦横に駆け回り、インサイドでも3ポイントでも自在に決められる、シューティングガード。2人は、ともにドイツのブンデスリーガでプレーする。日本が誇るダブルエースである。

車いすバスケにおける「ベーシック」とは?

 ベーシック。

 ヘッドコーチの及川晋平、そして選手の誰もが、ミックスゾーンで何度でも口にしたキーワードだ。ロンドン・パラ以降、及川ジャパンが発足し、チームの共通語となっていたのが、「ベーシック」だった。

 「ベーシック」とは、一言で言えば、車いすバスケというスポーツを科学的に分析したベーシックスキルのことである。

 車いすバスケでは、使用するコートやゴール、ルールのほとんどが一般のバスケと同様である。ただ、車いすバスケ特有の動きというのは存在する。

 一例を挙げよう。車いすバスケでは、真横への瞬間的な移動はできない。いったん、前後に車いすを動かしてから移動する。その分、相手の車いすの動きを、自分の車いすを使って封じ込めることができる。逆に相手に封じ込められたら、いかに抜け出すかというチェアワーク(車いす操作)や、クィックネスが重要になるわけだ。相手に負けない、あるいは出し抜く技術、パワー、そしてメンタル。1対1、2対2といった局面での個の高い力が、チーム全体の戦術に大きく関わってくる。

【次ページ】 及川HCが日本に持ち込んだイリノイでの経験。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
及川晋平
藤本怜央
香西宏昭
マイク・フログリー
千葉ホークス
車椅子バスケットボール日本代表
リオデジャネイロ五輪

ページトップ