野球善哉BACK NUMBER

下克上2015は荻野貴司の足が起こす?
ロッテファンが待ち続けた男の復活。

posted2015/10/09 10:30

 
下克上2015は荻野貴司の足が起こす?ロッテファンが待ち続けた男の復活。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

荻野貴司(右)と清田育宏(左)がチームを引っ張る姿を、ファンは心待ちにしていたに違いない。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 下克上と5年周期――。

 その希望や期待は、プレーしている当人たちよりもファンやメディアなど周囲の方が大きいのかもしれない。

 ロッテが2年ぶりにCSに進む。一時は3位との差が7ゲームもあったが、終盤に盛り返して一気にまくった戦いぶりは、見事というしかない。2010年に3位からCSを突破。そのまま日本一に輝いた。2005年、2010年と5年周期で日本一に輝いていることから、やはり、これからのポストシーズンでのロッテに期待せずにはいられない。

 改めて思い返すと、今季の開幕前のロッテの下馬評はさほど高いものではなかった。オフに昨季からの大きな補強がなく、他チームを上回る要素を見つけることができなかったからだ。しかしだからといって、チームが進歩を怠ってきたわけではなかった。

 昨季はFAで涌井秀章を獲得、昨季10勝を挙げて新人王に輝いた石川歩やクローザーに西野勇士を確立させたことなど、プラス要素が少しずつチームに上積みを加えていた。2013年のシーズンでは熾烈な争いを制して3位に入ったものの、終盤に多くの離脱者を出すなど戦力層の薄さを感じさせた。しかし今季は、けが人こそでたものの、台頭した若手がその穴を埋めた。

本職以外の場所でも穴を埋めた中村奨吾。

 特に、ルーキーの中村奨吾は本職の二塁だけでなく、遊撃手、三塁手、シーズンの中盤は大学1年時以来となる外野を守った。“大活躍”というほどのパフォーマンスではないが、スタメンの穴を埋める選手が出てきたのは、2年前とは明らかに違うプラス要素だった。

「僕が今季スタメンで出るとしたら、本来はレギュラーの方が故障をするか、不調に陥った時だと最初から思っていました。打率は低いですし、成績は当然納得できるものではありませんけど、常に準備はしていたので、少しは役に立てたのかなと思います」

 中村本人が言うように目立った数字ではないが、野戦病院と化した2年前を思えば、中村のような存在がレギュラーを手助けしたことを忘れてはいけない。

【次ページ】 西岡が「むちゃくちゃ速い」と絶賛した男。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
荻野貴司
清田育宏
千葉ロッテマリーンズ

ページトップ