ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

香川真司の「数字と日常」を学ぶ。
ドルトムント・丸岡満、19歳の転機。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/07/24 10:50

香川真司の「数字と日常」を学ぶ。ドルトムント・丸岡満、19歳の転機。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

7月7日に等々力陸上競技場で行なわれた川崎フロンターレtoの親善試合でゴールを決めた丸岡。トゥヘル新監督のもとでは、昨シーズン以上に出場のチャンスに恵まれるかもしれない。

「さぁ、ゴールを決めてくるんだ!」

 ドルトムントのトゥヘル監督が一挙に8人の選手交代の準備を進める。

 7月17日のボーフムとのテストマッチ、後半15分すぎのことだった。2部に所属する格下相手に2点のビハインドを喫している状況で、トゥヘル監督は丸岡満を呼び止めて肩をつかみ、そう声をかけた。

 交代で右MFに入った丸岡は、積極的な姿勢を見せる。後半25分、ボールを受けたカンプルが前を向くと、右サイドから中央方向に飛び出す。DFラインの背後でパスを受けて左足でシュート。しかし、これはGKにブロックされてしまった。19歳のアタッカーは悔しそうな表情を浮かべた。

 丸岡は後半38分にもバイグルのパスを受けて、エリアに入ってすぐのところでシュートを放ったが、これもDFがブロック。

 結局この試合でゴールを挙げることはできなかったものの、積極的にボールを呼び込んだことで、30分あまりの出場で計3本のシュートを放った。

「今シーズンは点を取って、結果を残すだけなので」

 限られた時間の中で丸岡が積極的なプレーを披露した理由は、トゥヘル監督からのメッセージだけではない。

 今年の7月にセレッソ大阪からドルトムントへのレンタル期間を1年延長した丸岡には、断固たる決意があった。

「今シーズンは点を取って、結果を残していく。本当にそれだけなので。(セカンドチームが戦う)4部リーグであっても、トップチームであっても、ゴールにこだわりたいです。点を取れば、トップチームの監督にも情報がいったり、記録などで残りますし。そういう形でトップにアピールできればいいですね」

 ボーフム戦では、そんな丸岡の意志を象徴するシーンがあった。

【次ページ】 「今までは、一度頭で言葉を考えてからだった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
トーマス・トゥヘル
ボルシア・ドルトムント
香川真司
丸岡満

ページトップ