Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<欧州で戦うなでしこ> 熊谷紗希 「私たちは勝ち続けないといけない」 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2015/05/27 10:00

<欧州で戦うなでしこ> 熊谷紗希 「私たちは勝ち続けないといけない」<Number Web> photograph by Tomoki Momozono
わずか20歳で世界一に輝き、大会後ドイツへ渡った。
そして今もフランスの強豪で研鑽を積む彼女は、
4年前の栄光と現在の苦境をどう見ているのだろうか。

 PKを最後に決め世界一に輝いた4年前、熊谷紗希は大きな一歩を踏み出していた。

 所属していた浦和レッズレディースから、ドイツW杯前に決まっていたフランクフルトに移籍した。世界女王の称号をひっさげ加入したドイツ屈指の強豪クラブでは、早々にレギュラーに定着。ファーストシーズンで早くも欧州CL決勝に進出を果たすも、フランスのリヨンを相手に苦杯をなめた。同年、ロンドン五輪で銀メダルを獲得し、翌2013年にはリヨンからのオファーを受け更なる移籍を決断した。

 そしてリヨンでの2シーズン目となる今季、CLのタイトルは逃したが国内2冠を達成している。

「W杯からもう4年経ちますからね……。あっという間でした。4年ってこんなに早かったんだ、そりゃもう年取るわー、もう24歳だよって感じ。海外に出て、4シーズン目? こわいこわい」

 おどけながら、笑いを誘った。

20歳にして経験した世界一、翌年の五輪銀に思うこと。

 ドイツW杯は、実は熊谷にとっては主力として迎える初めての世界の舞台だった。

「とにかく頑張ろう、って思っていました。ホント、ああいう舞台で戦うのが初めてだったから、アメリカ、ドイツ、スウェーデンってこんな人たちいるんだって驚きの方が大きかった。試合中にそんな事を思う余裕はないけど、終わってからあらためて思ってましたね。でも、W杯前にはフランクフルトに移籍するって決まってたから、ドイツ戦なんかはここで自分が何もできなかったら、入ってからなめられるだろうなっていうのはありましたけど」

 ただただ必死に戦い、栄冠を手にした。だが、それももはや過去の事。振り返る視線は少々遠くを見ているようですらある。

「(移籍先のある)フランクフルトでの決勝で、うまいこと優勝までしてね。ラッキーだったと思います。決勝戦はまれに見るすごい試合だったんじゃないですか?」

 自画自賛したのに乗じて、ロンドン五輪の決勝も敗れはしたが涙を誘うものだったと、伝える。

「良かったですよね……。あ、過去を美化してる。やばいやばい」

 茶化しながら、話題を切り上げた。

【次ページ】 一過性になっちゃったのは結果を出せなかったから。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
熊谷紗希
なでしこジャパン
女子サッカー

ページトップ