Number on NumberBACK NUMBER

9秒台の可能性。
~桐生祥秀に吹く“追い風”~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/05/13 10:00

9秒台の可能性。~桐生祥秀に吹く“追い風”~<Number Web> photograph by AFLO

9秒台が期待された4月19日の織田記念陸上では10秒40で2位に終わった桐生だが、今後の記録更新を期待したい。

 桐生祥秀が追い風参考ながら100mで9秒87を出したという一報は、間違いなくビッグニュースではあったものの、いろいろと検証が必要なニュースでもあった。

 追い風3.3mでの9秒87は、公認記録となる2.0m以下の条件下であれば、どのようなタイムになったのか。これは、おおざっぱな数字であれば理論的に算出することが可能だ。世界陸上競技統計者協会の会員である野口純正氏は、さまざまな風速の場合を想定して、その理論値を計算している。それによると、追い風3.3mであれば、無風状態で走った場合より0秒25程度速くなる。ということは、今回の桐生のレースが無風の条件下だったら、タイムは10秒12くらいだったことになる。

 ただし、これは平均的な体格の選手が、時速36km(100m10秒00に相当するスピード)で走った場合の理論値である。体格が大きく、空気を受ける面積が大きくなれば風の影響はそれだけ大きくなるし、同じ体格でも、スピードが上がれば上がるほど、やはり影響は大きくなる。

追い風参考9秒台を出した選手の多くは公認記録でも……。

 桐生の場合、体格は平均的といっていいから、この理論値に近いと思われるが、それでも厳密に正確というわけではない。あくまでおよその推定であることに変わりはない。そのうえで、今回のレースが、どの程度の追い風だったら公認の9秒台が出た可能性があるのか。この点を見ていくと、追い風1.7mの場合には、無風より0秒14程度速くなるということだから9秒98くらいは出た可能性がある。追い風1.7mというのは、それほど珍しい条件ではない。やはり桐生には、公認記録で10秒の壁を破る可能性が十分にあると見ていいだろう。

 そしてもう一つ、桐生がいずれ9秒台を出す可能性が高いことを示す事実がある。過去に、追い風参考記録として9秒台を出している選手たちの公認自己ベストを見ていくと、その多くが、公認自己ベストでも9秒台を出しているという事実だ。追い風参考では出したものの、公認記録で出せなかった選手というのは、非常に少ないのである。

【次ページ】 自己ベストが出る年齢は22~29歳、桐生はまだ19歳。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
桐生祥秀
ドノバン・ベイリー
モーリス・グリーン
アサファ・パウエル
朝原宣治
伊東浩司
末續慎吾
オリンピック

ページトップ