セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

パルマの債務が8年で200億円急増。
映画顔負けの“国際超巨大詐欺”か。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/05 10:30

パルマの債務が8年で200億円急増。映画顔負けの“国際超巨大詐欺”か。<Number Web> photograph by AFLO

パルマ市長との会談を終え、メディアに囲まれるマネンティ。彼は果たして何者なのか、そしてその後ろにいる黒幕とは。

 現在セリエAの最下位にいるパルマFCの倒産が、秒読み段階に入った。

 2月中旬、パルマ地方検察庁はパルマFC株式会社に対し、税務不履行による倒産勧告を行ない、日本でいう会社更生手続きの適用をパルマ地方裁判所に請求した。請求の審理は、今月19日に予定されている。

 選手たちへの給料未払い騒動は、事件の一端に過ぎなかった。

 クラブの多大な負債が明らかになる一方、救済を約束したはずの新会長の正体はなおも知れず。リーグ機構とサッカー協会が対応に遅れをとる間に、国境をまたいだ巨額詐欺事件の匂いすら漂い始めた。A残留の望みがほぼ消失する中で、41歳の若き市長がクラブ存続へ奔走する。

 まるで、サッカークラブを舞台にした犯罪推理小説か、と見紛うような話だが、もちろんこれはフィクションではない。パルマFCの破綻危機が、セリエA全体を揺るがす大事件へと発展しつつある。

昨季は6位ながら、所得税滞納でEL予選に出られず。

 昨季6位に躍進したパルマFCが、EL予選への出場権を取り消されたことはまだ記憶に新しい。取り消しの理由は、所得税の支払い滞納だった。パルマFCにとって、創立102年目のシーズンは、苦い始まりを迎えた。

 昨年12月8日、トンマーゾ・ギラルディ会長(当時)が、クラブの経営権売却を突如発表した。売却先は、キプロス島の持ち株会社「ダストラソ・ホールディングス」で、同社の代理人である弁護士ピエトロ・ドカが暫定会長に就任したが、実際の出資元は長く伏せられていた。

 1カ月以上が経過した今年1月21日、ダストラソ社から送り込まれたエルミル・コドラと名乗る29歳の青年が、CEOとGD(ゼネラル・ディレクター)を兼任する形で、パルマFCの新会長に着任した。彼の背後にいたのは、アルバニアの石油王レザルト・タチだった。コドラは彼が送り込んだ傀儡に過ぎなかった。

【次ページ】 今季4人目の会長は、謎の企業の経営者。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/9ページ
関連キーワード
パルマ
ジャンピエトロ・マネンティ

ページトップ