プレミアリーグの時間BACK NUMBER

モウリーニョが“注文通り”のドロー。
PSG、またもチェルシーの守備に苦悩。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/02/18 12:00

モウリーニョが“注文通り”のドロー。PSG、またもチェルシーの守備に苦悩。<Number Web> photograph by AFLO

今季プレミアで首位を独走するチェルシーと、リーグ・アンで3位と苦しむPSG。昨季に続き対戦が実現したCLでも、チェルシーに分がありそうだが……。

 対戦前に、両軍の監督は前回対戦の結果を意識していた。

 パリ・サンジェルマン対チェルシー。昨季CL準々決勝での第1レグは、PSGがホームで先勝(3-1)していた。しかし、2戦目を0-2で落とし、アウェイゴールに泣いたローラン・ブラン監督は、今季決勝トーナメント1回戦でのホーム初戦で「無失点を優先する」と語っていた。対するジョゼ・モウリーニョ監督は「パリの観衆に違ったチェルシーをお見せする」と発言。前回は、DF陣のミスが失点を招いたとはいえ、“ゼロトップ”採用で守備的に臨んでいたのだった。

 だが実際には、どちらの予告も現実とはならず、今回も守備的だったチェルシーが先に点を取り、PSGが追いつくという展開で引分け(1-1)に終わった。

 もちろん、結果に対する納得の度合いはアウェイゴールを奪ったモウリーニョの方が上だ。前半11分の2連続セーブに始まり、試合後に「驚異的」と賞賛したGKのティボウ・クルトワが事実上引分けに持ち込んだとなれば尚更のことだ。

 特に、後半のチェルシーはほぼ防戦一方。60分には距離を詰めて左足でシュートを防ぎ、ロスタイム中には反応良く片手でヘディングを弾き出した、ズラタン・イブラヒモビッチ相手に見せた2つのセーブは秀逸だった。

守備にうるさいモウリーニョは不満気?

 守備にうるさいモウリーニョにすれば、36分にブラニスラフ・イバノビッチのヘディングで奪ったリードが、後半早々の54分までしかもたなかった事実は不満だろう。

 PSGの同点ゴールは、ブレイズ・マテュイディのクロスもエディンソン・カバーニのヘディングも見事だったが、空中戦に強いカバーニがゴール正面でフリーになるというミスがあった。カバーニの前にいたギャリー・ケーヒルはボールだけに目がいき、後にいたジョン・テリーは背後のイブラヒモビッチに気を取られるという、チェルシーのCBコンビらしからぬ失点シーンだった。

【次ページ】 言葉とは裏腹に、守備的にアプローチしたチェルシー。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
チェルシー
ジョゼ・モウリーニョ
パリ・サンジェルマン
ローラン・ブラン
ティボウ・クルトワ
ズラタン・イブラヒモビッチ
ブラニスラフ・イバノビッチ
ジエゴ・コスタ
エデン・アザール
ダビド・ルイス

ページトップ