SCORE CARDBACK NUMBER

パンクラスのISAOが階級を下げて戦う理由。
~フェザー級で目指すUFC参戦~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/09/30 10:00

パンクラスのISAOが階級を下げて戦う理由。~フェザー級で目指すUFC参戦~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

元修斗ライト級王者のリオン武と戦うISAO(右)。プロデビュー6年で13勝1敗の成績。

 ライト級キング・オブ・パンクラシストのISAOが階級転向を決意。『VTJ 6th』(10月4日・東京)で組まれたリオン武戦から1階級下のフェザー級で闘うことを明らかにした。

 8月28日、都内で行なわれた会見でISAOは本音を打ち明けた。「5月中旬から1カ月ほどアメリカのチーム・オーヤマで練習した時に、外国人選手とのパワーや体格の差を身に染みて感じたから」

 階級を落として世界に挑もうとするのはMMAの時流に乗った決断だ。9月20日のUFC日本大会でサム・シシリアとフェザー級で戦って勝利した菊野克紀も以前はライト級の選手だった。ONE FCライト級王座の初防衛に成功したばかりの青木真也も、時と場合によってはフェザー級での闘いに挑んでいる。

 ISAOは身長173cm。ライト級では決して大きい方ではない。昨年3月、過去にUFCやストライクフォースなどのメジャーな舞台での闘いを経験しているジョルジ“パチーユ”マカコと引き分けた時には身体の小ささが目立った。

国内で敵なしの状況が、階級転向を後押し。

 ただ、理由はそれだけではない。今春には修斗の現役世界王者である弘中邦佳を撃破。国内のライト級ではもうほとんど敵がいないことを証明したことも、階級転向を後押ししたという。

「(ライト級には愛着はあったので)迷う部分もあったけど、これからはどの階級で闘おうとも対戦相手は強い相手ばかり。だったら、このタイミングで減量できるリミットのフェザー級(65.8kg以下)まで落とそうと思ったわけです」

 ISAOの視線の先にあるのは、いまや世界最大の格闘技プロモーションとなったUFC参戦だ。これまでにも何度かUFCからのオファーはあったが、アグレッシブな打撃を得意とする闘い方とは裏腹にISAOは慎重派。話があったからすぐ飛びつくのではなく、通常のリングとは闘い方が異なるといわれている「ケージ(金網)でのキャリアをもう少し積んでから」と考えている。

 というのも、ケージでの闘いは今回が初めて。しかも、リオン武は過去に宇野薫や佐藤ルミナを破った実績を持つだけに、モチベーションは上がる一方だ。この一戦のため、ISAOは再びチーム・オーヤマでの調整に励んでいる。UFC参戦に王手をかけられるか。

関連コラム

関連キーワード
リオン武
ISAO
弘中邦佳
パンクラス
UFC

ページトップ