野球善哉BACK NUMBER

星稜、甲子園で16年ぶりの1勝。
“見逃し”から生まれた逆転劇。  

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/08/12 17:30

星稜、甲子園で16年ぶりの1勝。“見逃し”から生まれた逆転劇。 <Number Web> photograph by Kyodo News

激しい試合を制した後、星稜の林監督は「逆転は自分たちのスタイル」と話した。星稜ナインを“諦めさせる”ことは簡単ではない。

 勝ちに不思議の勝ちありとはよく言ったものだ。

 石川県大会決勝で8点差をひっくり返した星稜が、甲子園の舞台でも逆転勝ち。「ミラクル」と呼ぶには大げさだが、2点ビハインドの7回裏に同点に追いつくと、8回裏に岩下大輝が勝ち越し打を放ち、5-4で16年ぶりの聖地1勝を挙げた。

 まさに、不思議な勝利という試合だった。

 星稜は思うように試合のペースを握れず、むしろこの試合の主導権は静岡にあったからだ。

 1回表、星稜はエース岩下の暴投などで2点を失う。直後の1回裏に3番・福重巽の二塁打で1点を返すも、続く1死二塁の好機で4番・村上千馬が左翼ライナーで倒れると、二塁走者の福重が飛び出してしまう。追撃のチャンスをつぶしてしまう凡ミスだった。

 その後、両者1点ずつを取り合ってから試合は膠着状態に。追いかける側の星稜は、ベンチにいたキャプテンの村中健哉を代打で起用するなど劣勢の打開を試みたが、得点にはつながらなかった。逆に試合当初からリズムが悪かった岩下の球数がかさみ、攻撃にいい雰囲気を作れないまま、イニングを消化するだけだった。

最悪の展開で追加点を与え、万事休すかと思えたが。

 そして、7回表には決定的とも思えた追加点が静岡に入る。

 岩下が2死を簡単にとりながら制球を乱し、静岡の2番・大石智貴に四球を与える。すると3番・岸山智大の初球に盗塁を決められた。星稜の捕手・横山翔大は強肩だが、ボールの持ち替えが上手くいかなかった。

 そして次の球で、岸山に左翼前適時打を許した。

 2死からの四球、無警戒で盗塁を決められ、その直後の球で適時打を食らう。

 点の失い方としては、最悪といえた。

 ところが、ここから星稜が反撃に出る。なんとも不思議な展開だった。

【次ページ】 普通、逆転劇にはきっかけとなる伏線がある。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
星稜
静岡
福重巽
岩下大輝
村中健哉
横山翔大
林和成
甲子園

ページトップ