詳説日本野球研究BACK NUMBER

胸躍るカードと超高校級選手たち。
今夏の甲子園も初戦から熱い! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/08/08 10:40

胸躍るカードと超高校級選手たち。今夏の甲子園も初戦から熱い!<Number Web> photograph by Kyodo News

開幕戦の龍谷大平安対春日部共栄、5日目第1試合の明徳義塾対智弁学園、6日目第3試合の東海大相模対盛岡大付など、注目カードが目白押し。甲子園90周年の今大会、栄冠の行方は?

 8月9日に開幕する夏の甲子園、その初戦の組み合わせが決まった。地方大会で有名・人気校が敗退しているものの、今年も初戦から注目カードが多い、というのが素直な感想だ。初日の第1試合では選抜優勝校の龍谷大平安と関東の強豪、春日部共栄が早くも激突する。

 龍谷大平安は京都大会の優勝を決めた瞬間、歓喜の輪がなかった。「自分たちのプレーができなかったから」というのがその理由である。私が見た京都大会準決勝、東山戦は2失点に抑えたものの2つのエラーがあり、1番徳本健太朗(3年・外野手・右投左打)などは第2打席で3バント失敗(三振)、第3打席でバントがファーストフライになるというチャンスメーカーらしからぬ失態を演じている。勝利を手放しで喜べないのは当然だが、大会間近になって原田英彦監督の口から「春夏連覇」という言葉が出てくるようになったのは復調の兆しと見ていい。

 対する春日部共栄はバッテリーが機能した。埼玉大会は1回戦で花咲徳栄、3回戦で浦和学院、聖望学園が敗退する中、5回戦から準決勝まで1、2点差の僅少差ゲームをものにし、決勝の市川越戦は8回裏に打者一巡の猛攻で6点奪って逆転、流れに乗った。地力では龍谷大平安だが、地方大会の戦い方を見る限り、春日部共栄に勢いがある。

2日目には、九州の豪腕対北信越のスラッガーが実現。

 2日目の第3試合、大分と日本文理の対決は、九州の剛腕対北信越のスラッガーという図式で見たい。九州の剛腕とは春の九州大会でストレートが150kmを計測した佐野皓大(こうだい)(3年・右投右打)、北信越のスラッガーとは昨年秋の明治神宮大会決勝で2本のホームランをかっ飛ばした飯塚悟史(3年・右投左打)のことだ。日本文理は飯塚以外にも新潟大会決勝で逆転サヨナラ3ランを放った小太刀緒飛(こだち おとわ)(3年・内野手・左投左打)など好打者が揃い、チーム打率.372は参加校中14番目と上位。この分厚い日本文理の攻撃陣を大分・佐野が力で抑えられるか、見どころはこの一点にあると言っていい。

【次ページ】 智弁学園の岡本和真を明徳義塾はいかに抑えるか。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
春日部共栄
龍谷大平安
徳本健太朗
原田英彦
飯塚悟史
小太刀緒飛
日本文理
智弁学園
東海大相模
盛岡大付
佐野皓大
柳川健大
高橋光成
大阪桐蔭
松本裕樹
豊田寛

ページトップ