スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

GKの勇気と3バックのスリル。
~日本に足りないものを補うには?~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/05 10:30

GKの勇気と3バックのスリル。~日本に足りないものを補うには?~<Number Web> photograph by Getty Images

最後はベルギーに屈したが、奮闘が光ったアメリカ代表のGKハワード。

 大リーグがちょうど折り返し地点に差しかかったかと思ったら、ブラジル・ワールドカップのラウンド・オブ・16(決勝トーナメント1回戦)が終わった。困った。眠っている暇がない。

 大リーグも気にかかることが多いが、今回はワールドカップに口をはさませてもらう。なにしろ、ノックアウト・ラウンドに入ってからというもの、接戦や熱戦が相次いでいるのだ。それも、ガッツあふれる試合が多い。8試合のうち5試合が延長に突入し、8試合のうちやはり5試合で、ゴールキーパーがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのだ。

 5人のうち3人(オランダ対メキシコ戦ではメキシコのギジェルモ・オチョア。ドイツ対アルジェリア戦ではアルジェリアのアディ・エムボリ。ベルギー対アメリカ戦ではアメリカのティム・ハワード)は、負けたチームのGKである。奮戦、敢闘という古い言葉が反射的に浮かぶが、彼らがゲームをスリリングにしたことはまちがいない。

 たとえばエムボリは、29本のシュートを浴び(うち、枠内が22本)、11本をセーヴした。ハワードに至っては、38本のシュート(枠内27本)を浴びながら、16本をセーヴしている。FIFAがセーヴ数を公表するようになったのは1966年以降のことだが、16セーヴというのは最多記録だ。

なかでも眼を惹いたのは、彼らの全走行距離だ。

 ボクシングを見ているようだ、と私は思った。乱打乱撃を浴びながら、しぶといブロックと巧みなダッキングで相手のパンチをかわし、なかなか倒れないファイター。ハワードに応えて、アメリカの選手たちもよく戦った。

 なかでも眼を惹いたのは、彼らの全走行距離だ。120分で15万4951m。当然ながら、相手のベルギーも14万7266mを走っている。決勝トーナメントで同じ120分を戦ったドイツが12万7420m、ブラジルが13万6334mだったことを思えば、アメリカの走行距離は半端ではない。つまり彼らは、最初から最後まで汗かきや水運びを厭わなかった。

【次ページ】 戦い方を変えるという発想の有無が差を生む。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ブラジルW杯

ページトップ