NumberEYESBACK NUMBER

浅田真央が1年間の休養。フィギュア界の未来を占う。
~正念場に新星は現れるのか~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/06/16 10:00

浅田真央が1年間の休養。フィギュア界の未来を占う。~正念場に新星は現れるのか~<Number Web> photograph by AFLO

休養について語る浅田。次世代のエースの育成が急がれる。

「まずは今後何を目指していくかゆっくり考えたい。まだ引退という決断には至っていない」

 浅田真央が5月中旬、1年間の休養を宣言した。他にも鈴木明子、安藤美姫の引退で、日本女子のトップ3がこぞって抜ける。浅田自身は、復帰も示唆しているが、次の五輪まで“マオ頼み”という訳にはいかない。フィギュア大国ニッポンの看板をどう受け継ぐか、日本スケート連盟は新たな正念場を迎えた。

 連盟がこれまで行なってきた強化策は、2つ段階がある。まずは埋もれた才能を見つける「選手発掘」。そして、才能ある選手を世界トップへと磨きあげる「選手強化」だ。

「選手発掘」としては'92年から始まった長野県野辺山での合宿が効果を挙げた。'92年アルベールビル五輪で伊藤みどりが銀メダルとなったことから、当時の強化部長・城田憲子が、

「トップ選手が1人しかいないことでプレッシャーがかかり過ぎた。金メダルを獲るには、トップ選手が国内で切磋琢磨する状況が必要」

 と考え、全国から小中学生を集めて、青田買いを行なった。優先的に国際大会を経験させることで、1期生の荒川静香がトリノ五輪で日本初の金を獲得。現時点でも、世界ランキング20位以内の日本女子は5人と、「発掘」は成功したと言える。

「選手発掘」に比べて「強化」は手探りの部分が多い。

 ところが「選手強化」となると、まだ手探りの部分が多い。日本女子が平昌五輪で再びメダルを獲得するには、「発掘」から「強化」へと注力を変化させる時期だろう。

 現在、連盟が始めている「強化」は技術面よりも表現面に介入するものだ。表現面は、シャイな日本人にとって未開拓の分野。そこで連盟は毎年夏に海外の指導者を招聘し、下は小学生から上は浅田らトップ選手に、集中セミナーを行なってきた。

 '13年夏にはトリノ五輪銀メダリストのステファン・ランビエル(スイス)を招いた。初めて外国人コーチに習う子供たちは、合宿の初日は恥ずかしそうにしていたが、1週間後にはランビエルに投げキスを送りながら踊る子も。鈴木らトップ選手も、「音楽の細かい部分をまだ使い切っていなかったことを学んだ」と、得るものがあったという。

【次ページ】 適切なタイミングでの海外留学をいかに指し示すか。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
浅田真央
城田憲子
鈴木明子
安藤美姫
高橋大輔
村上佳菜子
宮原知子
今井遥

ページトップ