なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

なでしこ'15年W杯出場決定、連覇へ!
吉良、猶本ら存在感を増す新世代。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakahisa Hirano/AFLO

posted2014/05/19 11:30

なでしこ'15年W杯出場決定、連覇へ!吉良、猶本ら存在感を増す新世代。<Number Web> photograph by Takahisa Hirano/AFLO

代表初ゴールでゴールラッシュの火蓋を切った吉良知夏。所属の浦和レッズレディースでは18歳から10番を背負う新世代の筆頭格だ。

 '15年ワールドカップ予選を兼ねた女子アジアカップ(ベトナム)で、日本は5月18日、グループリーグA組最終戦のヨルダン戦を行ない、7-0と大勝。A組1位での準決勝進出を決めると同時に、参加8カ国中5カ国に与えられるワールドカップ出場権を獲得し、世界連覇への第一関門を突破した。

 バイクに埋め尽くされた道をかいくぐりながら、ホーチミン市からバスに揺られること約40分。ビンズオン省にある試合会場の芝は、夕刻から断続的に降った雨によってほどよく濡れており、ボールがよく走る状態になっていた。

 ベトナムとの第2戦から先発11人全員を入れ替えて臨んだこの試合。2トップの一角として先発に名を連ねたFW吉良知夏は、ベンチスタートの澤穂希から試合前にこう言われた。

「自信を持っていけるよ。シュートもどんどん打っていい。打たないと入らないんだからね」

 ありがたい言葉だった。なでしこジャパンに選ばれたばかりの吉良は、オーストラリアと対戦したグループリーグ初戦では、先発したものの思うようなプレーを見せることができず、前半34分という早い時間帯で交代を命じられた。

「反省すべきところは反省したし、自分の頭の中では気持ちも切り替えていた」(吉良)と言いつつも、「澤さんにそうやって言われて、本当に自信を持って、90分間ビビらずにやれた」と激励に感謝した。

欧州組不在は、若手にとって絶好のアピールチャンス。

 この日は、吉良のゴールを皮切りにゴールラッシュとなり、7-0という圧勝でワールドカップ出場を決めた。

 活躍したのは吉良だけではない。ヨルダン戦のピッチには何人もの新戦力がおり、それぞれが自分の良さを出そうと積極的にプレーした。なぜなら、今回のアジアカップは国際Aマッチデーではないため、佐々木則夫監督が呼びたかったという欧州組のうち6人は、クラブの了承を得られずに不参加。そうした状況で選ばれた若手にとっては、数少ないチャンスでいかにアピールするかが重要になってくるからだ。

【次ページ】 澤の後継者と期待される猶本光もボランチ初先発。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
猶本光
佐々木則夫
澤穂希
宇津木瑠美
宮間あや
大儀見優季
阪口夢穂
高瀬愛実
吉良知夏
女子サッカー
なでしこジャパン
女子アジアカップ2014
女子W杯

ページトップ