野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

開幕直前恒例! MLB愛好家3人の、
新外国人クロスレビュー(パ編)。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/03/18 10:30

開幕直前恒例! MLB愛好家3人の、新外国人クロスレビュー(パ編)。<Number Web> photograph by KYODO

2月、久米島キャンプの練習中にジョーンズ(左)と談笑する楽天・ユーキリス。

 春風が舞う、開幕直前のこの季節。今年もまた、はるばる海を渡ってこの島国にやってきた外国人選手をレビューする時間がやってまいりました。

 3年目となる今季も、重度の“MLBマニア”の方たちに、マニアならではの見どころを語っていただきたいと思います。

 お相手は、すっかり御馴染ですね。こちらの御三方になります。

 カリフォルニア州在住、ロサンゼルス・エンジェルズの熱狂的なファンにして、メジャーリーグから1A、独立リーグまでと観戦のフィールドが凄まじく広いTomoさん。

 高円寺在住、フィラデルフィア・フィリーズファンにしてメジャーリーグ好事家。ミレッジ好きが高じてヤクルトファンになり、今や単なる山田(哲人)ファンになってしまったTessyさん。

 そして広島県在住、モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)と広島東洋カープを愛するベースボール住職のToyoさん。

 今年もMLBマニア純度120%でお送りする新外国人選手のトリプルクロスカウンターレビュー。まずは、パ・リーグ編です。

昨年は楽天の2人が大活躍。今年も楽天に大物が。

Tomo   「まず、昨年の復習から行きましょうか。大物外国人が来日した昨年ですが、ソフトバンクのヴィセンテ・パディーヤは、怖い顔で3勝6敗、9先発して7与死球で退団。まずまず予想通りの結果でした」

Tessy   「“ホームラン打たれた分だけ死球がある”という点では、期待以上の3被本塁打7与死球でしたね」

Tomo   「同じくホークスのブライアン・ラヘアは、私は期待していたんですけど、ToyoさんとTessyさんの『左投手打てないのバレちゃうだろ』って予想通り、一時4番に抜擢され活躍するも、次第に左投手が打てないのが露呈した上に故障して退団……」

Toyo   「バレましたね。残念です」

Tomo   「一方で、アンドリュー・ジョーンズとケーシー・マギーが大活躍。楽天イーグルスの優勝に貢献したのは嬉しい話題でしたね。特に日本の野球向きと思われるマギーの活躍は嬉しかったですが、脳性小児麻痺と闘っているお子さんを残しての単身赴任ですから、帰国もやむを得ないでしょうね。残念ですけど」

Tessy   「マギーは残念ですが、今年はその代わりにこれまた大物のユーキリスが来ましたよ。それ以外の選手は、今年は去年に比べると小粒ですけど」

Toyo   「うん。確かに、メジャーで名の通った選手は少なく、キューバからの選手が多い。こりゃ今年のキーワードはキューバ系vs.ユダヤ系ですかね。ユダヤ系はユークのみだけど! わはは!」

【次ページ】 総勢11名の新外国人、レビュー開始!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/8ページ
関連キーワード
ケビン・ユーキリス
コーディ・ランザム
マイケル・ボウデン
グレッグ・レイノルズ
ルイス・クルーズ
チャッド・ハフマン
バーバロ・カニザレス
ユニエスキー・ベタンコート
ファン・ミランダ
マイケル・クロッタ
ルイス・メンドーサ

ページトップ