MLB東奔西走BACK NUMBER

師との出会いで大家友和が覚醒する。
2人のナックルボーラーの邂逅。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byKYODO NEWS

posted2014/02/22 08:20

師との出会いで大家友和が覚醒する。2人のナックルボーラーの邂逅。<Number Web> photograph by KYODO NEWS

2009年以来、5年ぶりに米球界に復帰した大家友和投手。かつてのチームメイトと共に、キャンプからメジャー昇格を目指す。

 NPBから遅れること約2週間、今シーズンはシドニーで開幕を迎えるダイヤモンドバックスとドジャースを皮切りに、メジャーの全チームがキャンプイン。本格的に2014年シーズンが始動した。

 ここまでメディアから一番の注目を集める存在になっているのはやはり、ヤンキースの田中将大投手だ。

 数チームによる激しい争奪戦の末、ヤンキースが日本人メジャー選手史上最高額の超大型契約で獲得したことで、日米メディアの注目の的になっている。

 もちろんキャンプでの田中の動向は、気になるところではある。けれども、彼はキャンプでの活躍如何に関わらず、すでにシーズン中にある程度の活躍を義務付けられた、そんな存在なのだ。

 キャンプで余程のことがない限り、先発3番手で開幕を迎えるのは既定路線ともいえる。

 そして田中の騒動は、別の意味で他の選手たちからも注目されていることも忘れてはならない。

 例えばこのオフ、FAながらなかなか契約が決まらなかったブロンソン・アローヨ投手などは、田中のようなメジャー未経験の選手と巨額な契約をすることに疑問の声を上げている。

キャンプで田中以上に気になる存在、大家友和。

 個人的には、今シーズンのキャンプに限っては田中以上に注目している日本人選手がいる。

 それは、ブルージェイズとマイナー契約を交わし、招待選手としてメジャーキャンプに参加している大家友和投手だ。

 大家に関しては昨年12月のコラムで、野球選手としての再起を賭けた、ナックルボーラーへの転身という新たな挑戦について報告させてもらった。

 当時はまだ契約チームも決まっておらず、本当に表舞台に戻ってこられるのかどうかという道を探っている状態だった。

 だが今年に入り、ブルージェイズとのマイナー契約が明らかにされたとき、これがナックルボーラー大家にとって、新たな転機になると確信した。

【次ページ】 メジャー最強のナックルボーラー、R・A・ディッキー。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
大家友和
トロント・ブルージェイズ
ロバート・アラン・ディッキー

ページトップ