オリンピックへの道BACK NUMBER

技術勝負なら日本は、葛西は強い!
ルール変更が生んだ“平等”な戦場。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2014/02/17 11:05

技術勝負なら日本は、葛西は強い!ルール変更が生んだ“平等”な戦場。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

メダルセレモニーで、銀メダルを手に笑顔を見せた葛西紀明。金メダルをとりたい、と次回への意欲を早くも見せた。

 2月15日(現地時間)、ジャンプ・ラージヒルで葛西紀明が銀メダルを獲得した。

 日本ジャンプ界にとって、1998年の長野五輪以来、16年ぶりとなるメダルである。

 実は長野五輪ラージヒル団体金メダルなど数々の活躍を見せてきた原田雅彦氏が、大会を前にこう占っていた。

「日本はノーマルヒル、ラージヒル、団体、どの種目でもメダルを取れる可能性がありますね」

 その根拠としたのは、ルール改正が一段落したことにあった。

 スキー競技は、用具にも左右されるスポーツである。ジャンプもそうだ。そして用具に関しても、ルール改正は頻繁に行なわれてきた。長野五輪後のスキー板の長さに関する変更はよく知られているところかもしれない。そしてジャンプスーツについても、ルールは変わり、それは競技にも影響を及ぼしてきた。

スーツの仕様変更に、日本勢は遅れをとった。

 今日では細かく仕様が規定されているスーツだが、以前は、それほど細かな決まりはなかった。日本男子が団体優勝するなど大活躍した長野五輪の行なわれた1997-1998年シーズンは、生地の厚さが8ミリまでとされていたが、その他に関しては、今日からすれば、特段、細かな制約があったわけではない。

 あれこれいじる裁量があることから、さまざまな工夫が海外の強豪国で進められてきた。股の下を緩めに作り、風を受けやすくしたりするのもそうだし、裁断や縫製などの工夫で、いかに背中側に空気を溜め込むかといった試みもされた。

 '03-'04年シーズンには統一ルールが作られたものの、やはり、工夫の余地はまだまだあった。

 こうした変更の中で、日本は苦戦した。変更への対応において、一歩ずつ遅れを取り続けたからだ。資金であったりメーカーであったり、海外の強豪との、置かれている競技環境の違いがそこにあった。

【次ページ】 用具の変更が一段落して、技術の勝負になった。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
葛西紀明
伊東大貴
竹内択
清水礼留飛
ソチ五輪

ページトップ