オリンピックへの道BACK NUMBER

「歩夢」「卓」と呼び合う2人の神童。
スノボ界初のメダルが日本を変える。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2014/02/13 16:30

「歩夢」「卓」と呼び合う2人の神童。スノボ界初のメダルが日本を変える。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

なかなかメダルが取れなかった日本に、最初の輝きをもたらした平野歩夢(左)と平岡卓。日本のスポーツシーンに新たなスターが誕生した。

 一夜明けた2人は、心底うれしそうだった。

 スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢、銅メダルの平岡卓である。今大会で日本勢として初のメダルであり、スノーボードとしてはオリンピックで初めてのメダルでもある。

「自分らしい滑りができたと思うので、結果もついてきてよかったし、楽しかったです」

 平野が言えば、平岡も言う。

「とりあえず楽しめて、最高の滑りができたので、応援してくれた人の期待に応えられてよかったです」

 試合を会場で観ることはかなわず、のちに映像で観ることになった。

 中学3年生の平野は4歳の頃からスノーボードを始め、驚くほどの成長を示してきた。小学4年生で「BURTON」とスポンサー契約を結ぶと、数々の大会に出場し好成績をおさめる。

 平野の名が確固としたものになったのは、2013年1月の「X Games」だった。オリンピックで連覇しているショーン・ホワイトに次いで準優勝を遂げたのだ。まぎれもなく、世界トップクラスであることを示してきた。

 高校3年生の平岡は小学1年生でスノーボードを始め、12歳でプロスノーボーダーとなった。その後数々の国際大会で活躍し、ワールドカップや世界選手権でも好成績をおさめてきた。

ショーン・ホワイトの演技が終わり、メダルが確定。

 そのキャリアからもうかがえるように、培った確かな基礎がベースにある2人は、年若くして台頭し、オリンピックに挑んだ。

 決勝の2回目、平岡はダブルコークテンをはじめとするパフォーマンスで92.25点をマークすれば、平野も持ち前の高さのある技で見せる。93.50で暫定2位。平岡は3位につける。

 ラスト、ショーン・ホワイトが1回目に続きミスが出て伸び悩み、4位に終わった瞬間、2人のメダルが確定した。

 試合にあったのは、2人の思い切りのよさだった。その土台となったのは、チームとしての強さだったかもしれない。

【次ページ】 「歩夢」「卓」と呼び合う2人の関係。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
平野歩夢
平岡卓
ショーン・ホワイト
萩原文和

ページトップ