野球善哉BACK NUMBER

オリックスの補強策が実に“シブい”!
来季に期待できるこれだけの理由。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2010/12/25 08:00

オリックスの補強策が実に“シブい”!来季に期待できるこれだけの理由。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

今季、就任1年目にして岡田彰布監督が成し遂げた交流戦初優勝。ロッテの“下克上”ばかりが注目されているが、この時のオリックスは交流戦前の4位からの逆襲だった

 あわただしかったストーブリーグもそろそろ落ち着いてきたという感じだろうか。

 このオフの動きに関しては、パ・リーグの2球団、楽天とソフトバンクの補強策が積極的だったというのが大方の見方となっているはずである。

 だが、ここで見逃せないのはオリックスが打って出た補強策だ。

 ドラフトで3回連続でくじを外すなど大失敗も影響したのだろう、横浜と2回もトレードを行い4選手を獲得し、巨人で戦力外となった小林雅英とイ・スンヨプ、さらには過去ドジャースなどで活躍しメジャー通算で124勝を挙げているパク・チャンホ投手(パイレーツ)らを含むメジャーの外国人選手3人とも契約した。

 個人的にはこの補強は実に“シブい”と思っている。

 なかでも寺原隼人ら、かつてのドラフト上位選手を獲得しているところに、期待を抱かずにいられない。

 寺原は周知のとおり日南学園高時代に甲子園最速右腕として注目を浴びた逸材である。高校卒業時にメジャー球団が獲得に乗り出した逸材は、ドラフトでの競合の末に、本人のたっての希望だったダイエー(ソフトバンク)へ入団する。

 しかし、その後、伸び悩んだ寺原は6年目に多村との交換トレードで横浜へ移籍。横浜ではそう成績が悪かったわけではなかったが、先発と抑えの併用という安定しない起用で、彼本来の輝きは見られなかったように思う。

「勝ちにこだわる投球」を約束した寺原隼人の覚悟。

 今回の移籍も、そうした彼の存在感の希薄さがトレードを決断させたのだろうが、高校時代にも獲得を狙ったメジャー数球団がいまだに彼の動向を気に掛けている現状、彼の名が朽ちたわけではない。

 今シーズンも寺原の投球をじっくり観察してみたが、その理想的な投球フォームには何度も目を奪われたものだ。高校時代のイメージから力投派に見られがちな寺原だが、足を上げて右足一本で立った時の美しさは球界でも指折りだ。そこから体重移動をしても、その一本通った軸は崩れない。

 投手のピッチングフォームにはそれぞれに特徴があるが、縦に長いか、横に広いかで評価は分かれる。横に広ければ、それは打者に正対するのが早いということで、球の手どころが見やすく、縦ならば逆である。179cm、87kgと横に大きく見える体型の寺原なのに、投球フォームについては縦に長いのだ。

 現在のオリックスには絶対的エースの金子千尋、ストッパー岸田護が存在している。それだけに、寺原にかかる期待はそれほど過剰なものにはならないだろう。彼にとっては素晴らしく環境が整ったチームへの移籍となったのではないだろうか。16日の入団記者会見で、寺原は金子千や平野、近藤らの名を挙げ「同世代の選手がたくさんいる」ことを発奮材料に「勝ちにこだわる投球、勝ちにこだわるところを見て欲しい」と意気込みを語っている。

「上位で入団したのに、申し訳ない」

 トレード発表の後、そう、横浜へ謝罪した高宮和也も、アマチュア時代から名の知れた逸材だった。

【次ページ】 アマチュアNo.1左腕の高宮が埋める左腕の中継ぎ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
オリックス・バファローズ
寺原隼人
高宮和也
桑原謙太朗

ページトップ