SCORE CARDBACK NUMBER

生まれも育ちも英国の逸材。
U-16で感じた可能性。
~サイ・ゴダードに見る日本の未来~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMasato Fujita

posted2013/09/09 06:00

生まれも育ちも英国の逸材。U-16で感じた可能性。~サイ・ゴダードに見る日本の未来~<Number Web> photograph by Masato Fujita

 8月の豊田国際ユースサッカー大会で準優勝したU-16日本代表に、ちょっと変わった名前を見つけた。サイ・ゴダード。所属にはイングランドの名門、トッテナムとある。最近では年代別代表に“ハーフ”の選手が珍しくないが、サイもまた、そのひとりだ。

 とはいえ、この小柄なMFのケースが珍しいのは、海外で育ち、日本でのプレー経験を持たない選手だということ。当然、日本語もほとんど話せない。こうした選手が年代別とはいえ、日本代表に選ばれるのは初めてのことではないだろうか。

 まずは単純に言葉の心配をしてしまうが、吉武博文・U-16日本代表監督によれば、「問題ない」。練習でメニューの内容が十分に伝わらなかったとしても、「一番うまくやるのはサイなんです」と吉武。チームメイトからも「言葉は通じないけど、見て感じてくれるのでやりやすい」という感想が聞かれた。何よりサイ自身が、日本での代表選出に「ワクワクした」と言い、実際にプレーしてみて「チームや他の選手のスタイルを気に入っている」と話してくれた。

本人だけでなく、日本育ちの選手の刺激にも。

 今回のサイの代表選出は決して戦略的なスカウトによるものではなく、たまたま得た情報がきっかけだったという。

 だが、国際化が進む現代社会においては、ハーフに限らず、両親がともに日本人であったとしても海外で生まれ育ち、サッカーをしている選手もいるはずだ。だとすれば、そうした選手を積極的に発掘していくことも、おもしろい強化・育成策なのではないだろうか。

 当然、サイのような選手が将来、A代表でプレーするようになればうれしいことだが、だからといって、青田買いを目的にしようというのではない。

 吉武がサイについて「外国で育っているのでバイタリティやアグレッシブさを持っている」と話していたが、同じ“日本人”でも、異文化で育ち、違ったメンタリティを持つ選手に触れることは、日本育ちの選手にとっては貴重な経験。きっと成長を促す大きな刺激となる。まして10代の選手なら、なおさらだ。

 日本に来るのは6回目というサイも「夏は初めて」。暑さに戸惑いながらも、「日本の気候を感じるいいチャンス」と前向きだった。彼自身にとっても、もちろん有意義な経験だったはずである。

関連コラム

関連キーワード
サイ・ゴダード
吉武博文

ページトップ